■ 化石芸術
+■古生代の生痕化石
+




ジュラ紀のタッツェルブルム
(Jurassic Tatzelwurm)
ジュラ紀(1億7500万年前)
イタリア、ウンブリア産
165cm x 75cm


 

 この不思議な痕跡は、ジュラ紀の深海でできたもので、長さ7メートルにおよぶ標本の一部です。
 脊椎動物の足跡のようにも見えますが、そうではありません。何か大きな無脊椎動物がトンネルを掘りながら規則的に動いてできたものと考えていますが、皆さんはどう思いますか?オーストリアの民話に登場する、アルプスの山中に住むという伝説上の動物、タッツェルブルムに喩えて名前をつけました。


 


第一部 化石芸術  バーチャル展示室 B2F      第二部 アンモナイトの美と科学  バーチャル展示室 B3F