■ 化石芸術
-■はじめに



 

 地層の表面には数十億年におよぶ地球の歴史が刻まれています。
それらは、太古の海に残された波や水の流れの跡、そして生物たちの活動の跡、すなわち生痕化石です。生痕化石の謎解きは、古生物学者や地質学者の仕事ですが、その見事な造形は、誰をも魅了します。ここで紹介する標本は、およそ20億年にわたる地球の歴史を物語り、その中には太古の海で起こった生命史最大の出来事、「カンブリアの革命」も含まれています。

 1992年のクラッフォード賞を基金に、チュービンゲン大学(ドイツ)とイェール大学(アメリカ)の研究チームで世界各地の地層を調査し、そこに残るさまざまな痕跡を見事なまでに忠実に写し取りました。それらは正に芸術です。

アドルフ・ザイラッハー



研究チーム
左から右へ
エディス・ザイラッハー博士
フリードリッヒ・フリューガー博士
アドルフ・ザイラッハー教授
ハンス・ルーギンスラント技官


 


第一部 化石芸術  バーチャル展示室 B2F      第二部 アンモナイトの美と科学  バーチャル展示室 B3F