■ 化石芸術
+■古生代の生痕化石
+




巨大ナメクジの食事跡
(ラデュリクヌス)
(Giant Slug Rasping Marks)
カンブリア紀後期(約5億2500万年前)
サウジアラビア、ヒジャズ産
25cm x 34cm


 

 軟体動物の巻き貝のなかまは、歯舌という摂餌器官で栄養物を削り取って食べ、その食べ跡は独特の歯型の列として残ります。このような食べ跡の化石はラデュリクヌスと呼ばれます。この標本に見られるラデュリクヌスも、クリマクティクニテスを残した動物のような、初期の大きなナメクジ型の軟体動物が残したのでしょう。


 


第一部 化石芸術  バーチャル展示室 B2F      第二部 アンモナイトの美と科学  バーチャル展示室 B3F