上野の展示

特別展・企画展

特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて(※外部サイト)
特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて(※外部サイト)
世界から43体が集結!最新科学によって明らかになったミイラの実像、ミイラの文化的・学術的な価値、そして人類がもつ多様な死生観と身体観を紹介します。
開催期間: 11月2日(土)〜2020年2月24日(月)
特別展 和食 〜日本の自然、人々の知恵〜(※外部サイト)
特別展 和食 〜日本の自然、人々の知恵〜(※外部サイト)
日本列島の自然と環境の多様性やそこに暮らす人々の知恵と工夫の歴史を“和食”を通じて紹介します。
開催期間: 3月14日(土)〜6月14日(日)
企画展「絵本でめぐる生命の旅」
企画展「絵本でめぐる生命の旅」
私たちヒトへと続く「生命の進化」の主なできごとについて、絵本を活用することでわかりやすく解説します。新しい科博の楽しみ方を提案する企画展です。
開催期間: 12月17日(火)〜2020年3月1日(日)

開館日・開館時間

12月15日は開館日です

混雑状況

上野本館の休館日

12月
2日、9日、16日、23日、28日、29日、30日、31日
1月
1日、6日、14日、20日、27日

その他の施設

筑波実験植物園

付属自然植物園

書籍・メールマガジン

展示閲覧履歴のご確認
IDカード

ユーザーID
パスワード

※IDカードについて、詳しくはこちら

研究室コラム

石のマーブルケーキ
先日三河湾に浮かぶ篠島の地質調査を行いました。海岸沿いに白亜紀の花崗岩が露出しており、名古屋城築城の際には加藤清正がここから石を切り出したそうです。調査中に面白い構造を見つけました。灰色の閃緑岩のなかに、より白色の花崗岩のブロックが取り込まれています。両者の境界は曲線を描いて入り組んでおり、マーブルケーキのようにお互いがフニャフニャとした未固結のマグマの状態で交じり合いながら固まってしまったものと想像されます。
(地学研究部:谷 健一郎)