【国立科学博物館(上野本館及び自然教育園)再開のお知らせ】(2020年6月12日更新)

上野本館と自然教育園は、6月1日(月)より再開いたしました。なお、上野本館では、入館を予約制とさせていただきます。詳細は以下をご覧ください。
上野本館再開のお知らせ
自然教育園再開のお知らせ

上野の展示

特別展・企画展

自宅で“かはく”を楽しめるコンテンツ
自宅で“かはく”を楽しめるコンテンツ
おうちから国立科学博物館を楽しめるコンテンツをまとめてご紹介いたします。たっぷり科博をお楽しみください。
企画展「国立公園 −その自然には、物語がある−」
企画展「国立公園 −その自然には、物語がある−」
日本の国立公園では、我が国の自然を象徴する風景や環境、生物が多く見られます。日本の多様な自然が織りなす“物語”を、国立公園を切り口に紹介します。
8月25日(火) 〜 11月29日(日)

開館日・開館時間

8月6日は開館日です

上野本館の休館日

6月
8日、15日、22日、23日、24日、25日、26日、29日
7月
6日、13日

その他の施設

筑波実験植物園

付属自然植物園

書籍・メールマガジン

展示閲覧履歴のご確認
IDカード

ユーザーID
パスワード

※IDカードについて、詳しくはこちら

お知らせ

研究室コラム

カブトムシの角の研究
トムシのオス(左)と繊維から作られている角の断面(右)

カブトムシは東京周辺では7〜8月に出現し、よく知られた昆虫ですが、最近になって、バイオミメティクス(生物規範工学)の世界で大きな注目を集めています。カブトムシのオスは頭に大きな角があります。この軽くて丈夫な角は厚みが0.3mmと意外に薄い壁でできており、壁はさらに10層以上の薄い膜によって作られ、1枚の膜は断面が長方形の繊維が一列に並ぶことによってできています。身近な虫のからだに、工学者が注目する造りが隠されていたことは大きな驚きです。
(動物研究部:野村周平)