巡回展示物の貸出

貸出受付中

巡回展示物の貸出とは?

国立科学博物館では、当館で作成した展示物を全国の博物館等で活用していただくために、巡回展示物の貸出を行っています。現在、「ノーベル賞を受賞した日本の科学者」、「日本の生物多様性とその保全」、「ダーウィンを驚かせた鳥たち」、「琉球の植物」の4種の展示物が日本全国を巡回しています。貸出をご希望の博物館等関係者の方は、「貸出の流れ」をご覧ください。

展示物の種類

■ ノーベル賞を受賞した日本の科学者 ■ 日本の生物多様性とその保全
ノーベル賞を受賞した日本の科学者 日本の生物多様性とその保全
» 詳細ページへ » 詳細ページへ
■ ダーウィンを驚かせた鳥たち ■ 琉球の植物
ダーウィンを驚かせた鳥たち 琉球の植物
» 詳細ページへ » 詳細ページへ

これまでの展開例

これまでの巡回展示物展開例をご紹介します。


ノーベル賞を受賞した日本の科学者
研究者紹介パネルのみを展開した例 研究者紹介パネルのみを展開した例
■ 朝日地球会議2016 (開催場所:帝国ホテル) | 研究者紹介パネルのみを展開した例

日本の生物多様性とその保全
開催館の所蔵標本を組合せた展示例 開催館の所蔵標本を組合せた展示例
■豊橋市自然史博物館 | 開催館の所蔵標本を組合せた展示例

巡回展示物の貸出 スケジュール

※開催期間は予告なく変更となる場合がございます。

ノーベル賞を受賞した日本の科学者

開催受付中

日本の生物多様性とその保全

開催期間 会場
2020/7/1〜2020/7/19 埼玉県環境科学国際センター(埼玉県)
2020/8/8〜2020/10/18 大分県立美術館(大分県)

ダーウィンを驚かせた鳥たち

開催受付中

琉球の植物

開催受付中

貸出の流れ

STEP1 「申込み」
借受希望の展示や会期、開催会場等の情報を申込書に記入し、事務局までお送りください。
申込内容を確認後、事務局から貸出の可否をご連絡いたします。

申込書 巡回展開催申込書(PDF:348KB)(Word:21KB

記入例 巡回展開催申込書(PDF:404KB

STEP2 「借受申込書の提出」
貸出の承認が得られたら、展示物を借り受けるために借受申込書をご提出いただきます。 借受申込書は事務局からお送り致します。
STEP3 「展示物輸送の手配」
国立科学博物館もしくは前開催館より当該開催館までの展示物の輸送についてご手配ください。
輸送の詳細は各展示物の詳細ページをご参照ください。
STEP4 「展示物の受取と設営」
開催館において展示物搬入後、組立マニュアルを参照の上、設営をお願いします。
STEP5 「展示」
STEP6 「展示物の撤収と搬出」
展示物の撤収作業の前に、国立科学博物館職員立ち会いの下、展示物の点検を行います。
点検終了後、撤収作業を行い、次の開催館もしくは国立科学博物館への搬出をお願いします。
STEP7 「報告書の提出」
展示中の様子を記載した報告書をご提出ください。

費用について

展示物の貸出は無料です。
他経費として@輸送費A動産保険料が必要となります。

@輸送費

巡回展示物により輸送台数が異なります。詳しくは各展示物の詳細ページをご覧ください。

A動産保険料

各館で利用されている保険会社にご相談ください。(輸送中、展示会期中を含む)

Q&A

展示内容の追加等について

貸出展示物に関連する開催館独自の展示物、解説パネルを追加いただいても結構です。ただし、その際の他機関への協力依頼、版権や借用物に関する手続きは開催館にてお願いします。

広報用素材について

展示状況写真であればデータでお渡しできます。
ただし、広報物等を作成される場合の費用は開催館の負担となります。

展示物の破損・故障、修理について

展示物に破損・故障等が生じた場合は速やかに国立科学博物館までご連絡ください。

経年劣化によるもの等を除き、設営中や来館者によるものなど、開催館の過失による場合は、必ず開催館において現状復帰をお願いします。軽微なもの、また対応可能なものであれば開催館にて修理いただいて結構ですが、どのような方法で行うのか事前にお知らせ下さい。

連絡先(事務局)

巡回展貸出希望や展示に関するご質問がありましたら、下記の事務局へお問合せください。

国立科学博物館 科学系博物館イノベーションセンター 「巡回展」担当
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5814-9164   FAX : 03-5814-9898
E-mail : i-exhibit@kahaku.go.jp