上野の展示

特別展・企画展

人体―神秘への挑戦―
人体―神秘への挑戦―
ルネサンスより続く人体を理解するための努力の歴史を振り返りながら、人体の構造と機能を解説し、最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介します。
開催期間:3月13日(火)〜6月17日(日)
南方熊楠−100年早かった智の人−
南方熊楠−100年早かった智の人−
2017年は南方熊楠生誕150周年にあたります。これを機会に南方熊楠の生涯とその業績を振り返り、現在の視点でその位置づけを考えます。
開催期間:12月19日(火)〜2018年3月4日(日)
地衣類−藻類と共生した菌類たち−
地衣類−藻類と共生した菌類たち−
地衣類は菌類が藻類と共生して進化したスーパー生物。身近な場所から南極や砂漠などの極限環境にまで分布しています。そんな地衣類のヒミツや多様な姿を紹介。
開催期間:12月19日(火)〜2018年3月4日(日)

トピックス

研究者によるディスカバリートーク

国立科学博物館の研究者が、直接みなさまに自らの研究をわかりやすく解説いたします!常設展示室にて開催。

ディスカバリートーク

お知らせ

イベントカレンダーを見る
直近3ヶ月に開催されるイベントや講演等の確認/予約ができます。
kahaku event今月号を見る
これからの特別展・企画展の見どころや常設展示の紹介、2ヶ月分のイベント情報など見逃せない内容が満載です。

研究室コラム

ナマコの微小骨片
マナマコApostichopus armatusの骨片(Woo et al., 2017

食用とされるマナマコは分類学的には1つの種と考えられてきましたが、体色の異なる型があります。最近になって、これらの型は遺伝的に異なることがわかり、マナマコとアカナマコという異なる2種に分類されました。ナマコは、体壁や触手の中にとても小さな骨片をもっていて、その形状で種を識別することができます。走査型電子顕微鏡による観察で、2種の微小骨片の違いを明瞭に示すことができました。今では、電子顕微鏡は研究に欠かせない道具となっています。
(動物研究部:藤田敏彦)