スマートフォン版はこちら

上野の展示

特別展・企画展

恐竜博2016
恐竜博2016
日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格に加え、迫力ある映像やわかりやすい解説などを通して、恐竜研究の最前線をご紹介します。
開催期間:3月8日(火)〜6月12日(日)
生き物に学び、くらしに活かす―博物館とバイオミメティクス
生き物に学び、くらしに活かす―博物館とバイオミメティクス
生き物から学ぶ新しい学問、バイオミメティクス。その実例と未来への可能性、博物館の果たす役割についてご紹介します。
開催期間:4月19日(火)〜6月12日(日)
第32回植物画コンクール入選作品展
第32回植物画コンクール入選作品展
国立科学博物館では、自然への理解を図る学習支援活動事業として、植物画コンクールを行っています。本企画展示では、全国2,352点の応募作品の中から 入選した作品を部門別に展示します。
開催期間:6月25日(土)〜7月18日(月)

常設展

開館日・開館時間

5月27日は開館日です

混雑状況

上野本館の休館日

5月
9日、16日、23日、30日
6月
13日、20日、21日、22日、23日、24日、27日
内装工事に伴う閉鎖のお知らせ
カフェ
 平成28年6月13日(月)〜6月17日(金)
レストラン
 平成28年6月27日(月)〜7月4日(月)

その他の施設

筑波実験植物園

付属自然植物園

研究室コラム

化石調査はいつも、体力勝負
昨年末からの南米チリ調査で、チリ最南端の都市プンタ・アレナスの裏山に露出する約3500万年前の地層を調べています。調査の目的は南半球の大陸に隔離分布する「ゴンドワナ要素」と呼ばれる植物の歴史解明ですが、ただ化石を採集するだけでなく、地層がたまった場所や化石の保存状態を詳しく調べることで、化石となった植物がどんな場所に生えていたかなどを理解します。高さ100mの崖を登ったり降りたり。最後は体力勝負です。
(地学研究部:矢部淳)

研究活動