上野の展示

特別展・企画展

大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
弥生時代の人骨が数多く出土し、日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらした土井ヶ浜遺跡を中心に、弥生時代人骨をめぐる研究史や最新成果を紹介します。
開催期間: 12月11日(火)〜2019年3月24日(日)
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ −自然をつなぐ、世界をつなぐ−」
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ −自然をつなぐ、世界をつなぐ−」
約10万年前に作り出された人類最古の装飾品ビーズ。民博と科博がコラボレーションし世界中のビーズの素材や製作技術、ビーズと人類とのかかわり方を紹介します
開催期間: 4月9日(火)〜6月16日(日)
100年前の東京と自然−プラントハンター ウィルソンの写真から−
100年前の東京と自然−プラントハンター ウィルソンの写真から−
アジアで主に活動したイギリス出身のプラントハンター アーネスト・ヘンリー・ウィルソン。約100年前に彼が撮影した写真と現在の写真から風景、植物を比較します
開催期間: 4月13日(土)〜6月16日(日)

研究室コラム

北川隆司鉱物コレクション
ブラジル産晶洞中の透明石膏の自形結晶

貴重な個人コレクションが寄贈され、つくばの収蔵庫に到着しました。標本登録が始まり研究室も忙しくなります。北川隆司先生(広島大学)が、収集家として、研究者として、その生涯をかけて情熱を注いで作り上げたコレクションの一部です。自然の造形美で自然の不思議を語る結晶が多いことが特徴です。寄贈されたコレクションには、平成25年春から約2年をかけて全国を巡回展示した標本の半数以上が含まれています。登録を終えたら展示公開をしたいと思います。
(地学研究部:宮脇律郎)