スマートフォン版はこちら

上野の展示

特別展・企画展

海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―
海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―
本展は、海の大型捕食者たちの多様な姿や生態を知ることができる展覧会です。「捕食」に焦点を当て、標本や映像などで生物の命をつなぐ営みに迫ります。
開催期間:7月8日(金)〜10月2日(日)

研究室コラム

広大な空に挑む
先日、東京大学の木曽観測所を訪問してきました。ここには満月12個×12個分の空を一度に撮影できる日本最大のシュミットカメラ(広視野撮影専用の天体望遠鏡)がおかれています。撮影には36cm角のガラス乾板が用いられていましたが、現在ではCCD(画像が撮影できる半導体素子)にその座を譲っています。そして今、CCDでは乾板に相当する視野を得るのが難しいことから、一般のデジタルカメラでも最近よく使われるようになってきたCMOSという素子を 84枚ならべたTomo-e Gozenという装置の開発が進められています。重力波天体の発見(光での同定)も期待されています。
(理工学研究部:洞口俊博)