上野の展示

特別展・企画展

大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ −自然をつなぐ、世界をつなぐ−」
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ −自然をつなぐ、世界をつなぐ−」
約10万年前に作り出された人類最古の装飾品ビーズ。民博と科博がコラボレーションし世界中のビーズの素材や製作技術、ビーズと人類とのかかわり方を紹介します
開催期間: 4月9日(火)〜6月16日(日)
100年前の東京と自然−プラントハンター ウィルソンの写真から−
100年前の東京と自然−プラントハンター ウィルソンの写真から−
アジアで主に活動したイギリス出身のプラントハンター アーネスト・ヘンリー・ウィルソン。約100年前に彼が撮影した写真と現在の写真から風景、植物を比較します
開催期間: 4月13日(土)〜6月16日(日)

研究室コラム

継続するアンデス研究
ペルーで調査を始めて20年近くなりました。研究に終わりはないのですが、研究者個人のできることは限られており、どこかで区切りを付けなければなりません。しかし技術の進歩とともに新たなことも次々に明らかになるので、その見極めには難しいものがあります。今年もペルー北海岸にあるシカン博物館でDNA分析用のサンプルを採取しました。写真はその時の様子で、左が私、右は長年にわたって共同研究をしている南イリノイ大教授の島田泉さんです。
(人類研究部:篠田謙一)