スマートフォン版はこちら

上野の展示

特別展・企画展

海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―
海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―
本展は、海の大型捕食者たちの多様な姿や生態を知ることができる展覧会です。「捕食」に焦点を当て、標本や映像などで生物の命をつなぐ営みに迫ります。
開催期間:7月8日(金)〜10月2日(日)
世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜
世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜
ラスコー洞窟で描かれた壁画の再現や、クロマニョン人による彫刻等から芸術の起源に迫ります。
開催期間:11月1日(火)〜2017年2月19日(日)
日本の自然を世界に開いたシーボルト
日本の自然を世界に開いたシーボルト
シーボルト及びその関係者が収集した自然史標本等を展示することで、日本の自然や動植物を世界に紹介したシーボルトの貢献について紹介します。
開催期間:9月13日(火)〜12月4日(日)

研究室コラム

コンピュータと生物学
私は研究室で主にDNA解析を行っています。DNAはA,G,C,Tで構成されたデジタルデータなので、コンピュータとの相性が良いです。とくに形態では共通点をほとんど認識できないほど遠い生物同士の関係を研究する上で、DNAという共通情報が有用です。ただ、私の研究では数億塩基以上ある全ゲノム情報(生物の設計図みたいなもの)を扱うので量販店のパソコンではちょっと容量が足りません(計算だけで何年もかかるかも?)。そこで写真のような高性能コンピュータを使う必要があります。とはいってもどんな計算をするかは人間が考えないといけないので、毎日コンピュータの前で頭を抱えています。
(動物研究部:谷藤吾朗)