上野の展示

特別展・企画展

明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。
開催期間: 10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
弥生時代の人骨が数多く出土し、日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらした土井ヶ浜遺跡を中心に、弥生時代人骨をめぐる研究史や最新成果を紹介します。
開催期間: 12月11日(火)〜2019年3月24日(日)

トピックス

研究者によるディスカバリートーク

国立科学博物館の研究者が、直接みなさまに自らの研究をわかりやすく解説いたします!常設展示室にて開催。

ディスカバリートーク

お知らせ

イベントカレンダーを見る
直近3ヶ月に開催されるイベントや講演等の確認/予約ができます。
kahaku event今月号を見る
これからの特別展・企画展の見どころや常設展示の紹介、2ヶ月分のイベント情報など見逃せない内容が満載です。

研究室コラム

アメリカ人は勤勉か?
アメリカで結果の分析を行っている有孔虫化石

約1年前から、アメリカのブラウン大学で共同研究をするために滞在しています。長くいると、日本とアメリカの違う点と似た点の両方が見えてくるのが面白いところです。我々の分野でも最先端にいるアメリカですが、こちらの研究者がどのような生活を送っているのかにも興味がありました。渡米前はプライベートな生活にも余裕があるアメリカの研究者像を持っていましたが、実際は日本とあまり変わらないかそれ以上に休日も仕事をしている様子に驚いたとともに、かけた時間あるいは情熱の分だけ成果に返ってくるという、ある不変の真理にも改めて気づいたのでした。
(地学研究部:久保田好美)