上野の展示

特別展・企画展

明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。
開催期間: 10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
弥生時代の人骨が数多く出土し、日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらした土井ヶ浜遺跡を中心に、弥生時代人骨をめぐる研究史や最新成果を紹介します。
開催期間: 12月11日(火)〜2019年3月24日(日)

研究室コラム

野生絶滅種に含まれる化学成分
トバタアヤメ(Iris sanguinea var. tobataensis)は2009年に当館の研究者らによって、アヤメの変種として学名が付けられた植物です。現在、北九州市戸畑区で維持されていますが、野生には存在しません。今回、フラボノイド組成をアヤメと比較し、論文にまとめました。実験では、トバタアヤメのみから検出されたフラボノイドが、これまで近縁の種から報告されていない稀有な化合物であることが判りました。トバタアヤメの絶滅は未利用の天然物資源の喪失も意味するようです。
(植物研究部:水野貴行)