スマートフォン版はこちら

上野の展示

特別展・企画展

世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜
世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜
ラスコー洞窟で描かれた壁画の再現や、クロマニョン人による彫刻等から芸術の起源に迫ります。
開催期間:11月1日(火)〜2017年2月19日(日)
大英自然史博物館展
大英自然史博物館展
大英自然史博物館のコレクションから「始祖鳥」をはじめとする至宝約370点を選りすぐり、一堂に展示します。
開催期間:3月18日(土)〜6月11日(日)
花粉と花粉症の科学
花粉と花粉症の科学
植物にとっての花粉の役割と、花粉症を引き起こす植物や花粉症のメカニズムとその防御について、農学、医学、工学の各分野での研究内容とともに紹介します。
開催期間:12月23日(金)〜2017年3月20日(月)

研究室コラム

サル年ではなくサメ年
はがせるシールを貼って体の凹凸を計測中

昨年はサル年でしたが、魚類学者の私にとってはサメ年でした。海でも生きたサメや深海底に落ちていたサメの歯に遭遇しましたが、特に「海のハンター展」(2016.7/2〜10/2)で展示したホホジロザメ成魚(全長3.2m、重量300kg)の液浸標本の作成は貴重な経験でした。特別展の会期後半になると、この標本はこの先どうなるのか、という質問をいろんな場所で受けました。その答えのひとつですが、体形や鱗の状態を現在詳細に研究中です。
(動物研究部:篠原現人)