台湾から見えないとされていた与那国島ですが、今回のプロジェクトで、本当は見えることが判明しました。これで祖先たちがどのように島を見つけたかという謎は、解けました。

祖先たちは偉大な航海者だった!?

難関の海を越え、沖縄の島々に到達した祖先たち。
次第に明かされてきた、その航海の謎。
これまでの航海プロジェクトの活動を振り返ってみましょう。

その他の動画はこちら

誰もが参加できるプロジェクト 新たな「クルー会員」を募集します!

草束舟とクルー

私たちは実際に古代舟をつくり、実際に海へ出て、失敗もしながら、祖先たちが航海に成功した謎を探っています。どなたでもプロジェクトの経過を見ることができますが、「クルー会員」になって頂いた皆様には、最新情報を定期的に配信し、時に直接・間接の交流の場でご意見も頂き、プロジェクトにもっと深く関与して頂いています。

そんなクルー会員をこの【完結編】で新たに募集しています。

ぜひ私たちの仲間になって、一緒に3万年前の大冒険に出ましょう!

航海プロジェクトのご支援(クラウドファンディング)については
こちらをご覧ください。

【夏休み特別イベント】のお知らせ

“第3の候補”丸木舟は3万年前の道具で作れるのか・・・その答えをお見せします

丸木舟の製作実験

世界初:“旧石器時代丸木舟”の製作実験

日本列島に38,000年前頃から存在した、 刃部(じんぶ)磨製(ませい)(せき)()という不思議な石器。これはもしかして、丸木舟をつくる道具でもあったのではないでしょうか? それを確かめるための実験を、国立科学博物館にて公開します。

※3万年前の舟として丸木舟が選ばれた場合は、本番の実験航海でこの舟を使用する予定です。

  • 【会場】国立科学博物館正面玄関(入館料不要)
  • 【日程】7月26日(木)~8月6日(月)10:00~16:00

※製作作業の公開は7月28・29日、8月3・4・5・6日を予定しています
その他のイベント、テレビ・ラジオ放送についてはこちらをご覧ください。