上野の展示

特別展・企画展

明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。
開催期間: 10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
弥生時代の人骨が数多く出土し、日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらした土井ヶ浜遺跡を中心に、弥生時代人骨をめぐる研究史や最新成果を紹介します。
開催期間: 12月11日(火)〜2019年3月24日(日)

開館日・開館時間

12月13日は開館日です

混雑状況

上野本館の休館日

12月
3日、10日、17日、28日、29日、30日、31日
1月
1日、7日、15日、21日、28日

その他の施設

筑波実験植物園

付属自然植物園

研究室コラム

ミイラに魅せられて
子供の頃に当館を訪れミイラを実見して以来、「ミイラ」への興味が尽きません。先日、1924年に当館に寄贈された「伝インカ王族のミイラ」を調査しました。このミイラは1歳未満の子供で、人工的にミイラにされ、その後に首を折られていたことが分かりました。また年代測定から、インカ帝国崩壊後に亡くなったことも明らかになりました。今後さらに科学技術が進歩すれば、より多くの謎が解けることでしょう。謎に満ちたミイラをより多くの人たちに伝え、次代の研究者に標本を無事受け渡すことが私の願いです。
(人類研究部:坂上和弘)