上野の展示

特別展・企画展

明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
明治150年記念「日本を変えた千の技術博」
日本を変えた科学・技術について、重要文化財や多数の技術遺産を含む600点を超える貴重資料、科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードなどで紹介。
開催期間: 10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大哺乳類展2 -みんなの生き残り作戦
大好評を博した特別展「大哺乳類展」から9年。
哺乳類たちが、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで国立科学博物館に帰ってきます。
開催期間: 3月21日(木)〜6月16日(日)
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
砂丘に眠る弥生人-山口県土井ヶ浜遺跡の半世紀-
弥生時代の人骨が数多く出土し、日本人のルーツを探る上で重要な情報をもたらした土井ヶ浜遺跡を中心に、弥生時代人骨をめぐる研究史や最新成果を紹介します。
開催期間: 12月11日(火)〜2019年3月24日(日)

トピックス

研究者によるディスカバリートーク

国立科学博物館の研究者が、直接みなさまに自らの研究をわかりやすく解説いたします!常設展示室にて開催。

ディスカバリートーク

お知らせ

イベントカレンダーを見る
直近3ヶ月に開催されるイベントや講演等の確認/予約ができます。
kahaku event今月号を見る
これからの特別展・企画展の見どころや常設展示の紹介、2ヶ月分のイベント情報など見逃せない内容が満載です。

研究室コラム

最も古い感震器
先日、地震学者にとって非常に興味深いものをいただきました。張衡(AD78-139、中国)が考案した地動儀の置物(中国製)です。張衡の地動儀とは、地震を観測する最も古い装置として知られていて、地面が揺れると中の柱が倒れ、押された龍の口から落ちた玉を蛙の口で受け止める、というものです。実物や設計図は残っていないので、後漢書に書かれた記述をもとに復元されています。当館でも復元模型を作りました。この置物は中国で復元された地動儀を元にしたものですが、なんとも愛嬌のある龍や蛙だと思いませんか?
(理工学研究部:室谷智子)