お茶の水女子大学 連携事業 海の自然史学的研究
大学パートナーシップ&お茶の水女子大学 連携事業(令和4年度)
自然史標本棟(液浸) 沿岸に生息する海産動物に焦点を当て、形態や発生の観察等を通して、生物多様性の実体を解明する手法を学びます。今年度は、お茶の水女子大学湾岸生物教育研究所(千葉県館山市香11)に宿泊して実施する予定です。

※新型コロナウイルス感染症の状況等によっては、受講学生は在宅のまま、実験器具と材料を送付し、オンラインでの授業指導となる場合があります。

主な実習内容
1. 自然史博物館の活動や研究用標本、興味深い海産生物についての国内外の研究者の講義
2. 新口動物の比較形態学の実習−棘皮動物、頭索動物(ナメクジウオ)の生体使用
3. 代表的な動物門の体制の生体観察、形態観察に基づく種同定
4. ウニをモデルに海産動物の生活史の観察−各自でウニ成体から採卵、受精と発生、左右相称な幼生から五放射体制の成体へ変態

※実習内容等は、その時の状況により変更となる場合があります

担当教員

清本 正人、吉田 隆太、和田 祐子(お茶の水女子大学 湾岸生物教育研究所)
並河 洋(国立科学博物館 動物研究部)
他に大学・博物館から数名を予定

実施日程

令和5年2月21日(火)〜2月24日(金)
令和5年3月8日(水)〜3月11日(土)
(※同じ内容の実習を2回開講します)

対象学生

国立・公立・私立大学の自然科学系に所属する大学院生
国立・公立・私立大学の生物学関連学科に所属する学部学生

募集定員

各日程10名(国立科学博物館 大学パートナーシップ入会校枠を設けています)

申し込み

※今年度は、国立科学博物館では申込みの受付けは行いません。

受講希望者は、所属大学の学務・教務担当を通じて、直接、お茶の水女子大学学務課(理学部担当)へ必要書類を提出し、申し込んでください。また、書類提出とは別に、E-mailによる受講の希望理由の提出が必要です。受講希望者本人から、お茶の水女子大学指定のメールアドレスへ直接送信して下さい。
申込み方法の詳細は、お茶の水女子大学から各大学へ送付されている募集文書をご覧いただくか、お茶の水女子大学 湾岸生物教育研究所ウェブページ「公開臨海実習(令和4年度、2022年)のお知らせ」をご覧ください。
(※本連携事業に該当するのは、「海の自然史学的研究」(令和5年2月、3月実施分)です。)


応募締切:令和4年12月5日(月)(必着)


受講の可否は、お茶の水女子大学から受講希望者本人と所属大学に通知されます。

その他

※お茶の水女子大学の特別聴講学生としての参加となります。(「公開臨海実習(2単位)」履修相当。所属大学の単位として認定されるかどうかは、所属大学学務・教務担当に確認してください。)
※参加費用として、宿泊実習の場合は、湾岸生物教育研究所までの往復交通費と、滞在費(食事込み)で1日2,000円程度が必要です。
※所属大学で、学生教育研究災害傷害保険(もしくはそれに相当する保険)に加入していることが必要です。

お問合せ

国立科学博物館 学習課 大学パートナーシップ担当
TEL:03-5814-9876(月曜〜金曜 9:00-17:00)
FAX:03-5814-9898
MAIL: upartner@kahaku.go.jp