標本・資料データベース一覧へ戻る
ホーム研究と標本・資料標本・資料データベース理工電子資料館:トップページ

大森式地震計

 地震学者大森房吉(1868-1923)が1898(明治31)年頃に作成した当時の代表的地震計です。連続記録がとれる大型の地震計として登場し、早々に遠く離れたアラスカで起きた遠地地震をとらえることに成功しました。これによって大森の名前は一躍世界に知られることとなりました。
 鉛を真鍮板で覆った重錘を鉄の棹に取りつけ、重錘は頑丈な鉄柱の頂上から斜めに鋼線で吊るしてあります。これによって棹の元のピボットと鋼線の支点を結んだ線を中心に回転するような水平振子ができています。
 振子の質量は10kg、周期は10秒以上、記録の倍率は20倍前後です。記録は煤書式で、記録紙を巻いたドラムは重錘またはゼンマイを動力にしてゆっくりと回転します。この写真のドラムはアルミ製ですが、弱い動力で滑らかに回転するようと桐の板を張り合わせて軽くしたものがよく使われました。この水平動地震計のほかに大森式上下動地震計もあって、双方とも大学はもとより気象台・測候所の地震観測でも使われていました。 

HOME
地球外物質関係資料
天文関係資料
伝統技術資料
科学技術黎明期資料
科学者・技術者資料
測量・測地資料
地震資料
計測・度量衡資料
時計関係資料
光学機器資料
理化学機器資料
材料関係資料
化学産業資料
機械類
輸送関係資料
電力・照明資料
電子・音響・映像資料
計算機・コンピュータ
建築・土木資料
その他の理工学資料
研究機関別索引
個人寄贈主要
コレクション