国立科学博物館の研究施設と標本収蔵施設は茨城県つくば市にあることをご存知ですか?
「科博オープンラボ」は、国立科学博物館筑波地区での研究活動を皆さんに知っていただくための企画です。
普段は公開していない研究スペースを年に一回だけ、特別に公開します!

お知らせ(4月14日現在)

東京都23区等に「まん延防止等重点措置」が適用され、東京都から都民に対して「都県境を越えた不要不急の外出・移動の自粛。特に、変異株により感染が拡大している大都市圏との往来の自粛」等が要請されているところです。このような状況に鑑み、科博オープンラボ2021は延期いたします。
延期後の開催日程につきましては、11月3日(水・祝)を予定しております。決定いたしましたら、メール及び当HPにてお知らせいたします。
なお、参加申込みをいただいた方の予約登録情報はそのまま引き継がれ、改めてお手続きいただくことなく、同時刻の対象ツアーに参加することができます。

国立科学博物館筑波地区とは?

自然史と科学技術史の研究機関として、動物植物地学人類理工学の5つの研究部と、3つの研究センター、一般公開も行っている筑波実験植物園があります。標本収蔵施設には、およそ480万点の貴重な標本・資料が収められています。この筑波地区では、博物館ならではの研究・学習支援活動を活発に進めています。

標本収蔵施設のひとつ自然史標本棟には、動物剥製や岩石、人骨などの標本・資料が収蔵されています。

▲標本収蔵施設のひとつ自然史標本棟には、動物剥製や岩石、人骨、植物などの標本・資料が収蔵されています。

オープンラボ概要

公開日 2021年4月18日(日)
公開時間 10:00~16:00
※自然史標本棟及び植物園バックヤードツアーの公開となります。
※事前予約制・先着順・当日受付なし
開催場所 国立科学博物館 筑波研究施設
※自然史標本棟見学ツアーは自然史標本棟入口(西側)で受付をお願いします。
筑波実験植物園
※植物園バックヤードツアーは筑波実験植物園教育棟を抜けた先(北口側)で受付をお願いします。
参加費 無料
備考 ※食堂なし。
※団体見学の予約はできません。
※当日、筑波実験植物園へ通常入園される方も無料です。

事前予約のお願い

参加にはオンラインによる事前予約が必要です。

受付期間 2021年4月5日(月)11:00
~ 4月12日(月)16:00
自然史標本棟見学ツアー 予約 植物園バックヤードツアー 予約

※自然史標本棟見学ツアーの予約受付、植物園バックヤードツアーの予約受付は終了いたしました。

アクセス

※駐車場には限りがあるため、ご来場はなるべく公共交通機関をご利用ください。

バスでのご来場についてはこちらをご覧ください。

独立行政法人国立科学博物館 筑波地区

所在地 茨城県つくば市天久保4-1-1
筑波地区地図

イベント情報

自然史標本棟 特別見学

たくさんの貴重な自然史標本・資料が収められている標本棟内を見学できる、めったにないチャンス!

自然史標本棟 特別見学
参加方法 HPより事前予約制 先着順
集合場所 自然史標本棟入口(西側)
集合時間 9:45~15:00
※予約した見学開始時間の15分前にお集まりください。
定員 300名(15人✕20組)
一組当たりの見学時間は約60分間です。
※見学時はマスク着用。

筑波実験植物園バックヤードツアー

普段は見られない植物園の裏側(圃場)をご案内します。
※下の写真は過去の様子で、今回は参加人数が少なくなります。

筑波実験植物園バックヤードツアー
参加方法 HPより事前予約制 先着順
集合場所 筑波実験植物園教育棟内を抜けた先(北口側)
集合時間 9:45、10:45
※予約した見学開始時間の15分前にお集まりください。
定員 20名(10人×2回)
1回当たりの見学時間は約30分間です。
※見学時はマスク着用。

お問合せ

国立科学博物館 研究推進・管理課「オープンラボ担当」宛
tel : 029-853-8901