ルネサンスの時代から現代まで続く、人体を理解するための努力の歴史と功績を振り返りながら、人体の構造と機能を解説するとともに、それが最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介します。

トピックス

6/13 最終日は特別展のみ開館時間を延長します
6月17日(日)は特別展に限り閉館時刻を1時間延長し、18時まで開館します。
最終入場時刻(整理券配布終了時刻)は17時となります。 最終日は混雑が予想されます。お時間には余裕をもってお越しください。
※なお、国立科学博物館の常設展示は通常どおり17時で閉館となりますのでご注意ください(常設展への入館は16時30分まで)。
6/5 特別展の入場者が40万人を突破しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました! 40万人突破記念としてセレモニーを行い、千葉市からお越しの波越さん親子に、林 良博館長から、展覧会オリジナルグッズなどが贈呈されました。
5/15 特別展の入場者が30万人を突破しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
30万人突破記念としてセレモニーを行い、東京都新宿区からお越しの丸山さんと 同僚の石井さんに、篠田副館長兼人類研究部長から、図録など展覧会にちなんだグッズが贈呈されました。
5/8 高校生が取材した「特別展『人体』学校新聞」を掲載しました。
4/26 特別展の入場者が20万人を突破しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
20万人突破記念としてセレモニーを行い、神奈川県茅ヶ崎市からお越しの 上田さんと同僚のみなさまに、林良博館長から、図録など展覧会にちなんだグッズが贈呈されました。
4/3 特別展の入場者が10万人を突破しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
10万人突破記念としてセレモニーを行い、茨城県古河市からお越しの長塚さんとご家族・ご友人のみなさまに、林良博館長から、図録など展覧会にちなんだグッズが贈呈されました。
4/3 ホームページをリニューアルしました。

本展覧会では、一部のエリアで、私たちの臓器の構造や機能を正しく知っていただくために、ヒトの臓器標本を展示しています。
なお、展示にあたりましては、ご希望の方のみご観覧いただけるよう配慮しております。ご希望されない方のご観覧は、ご自身の判断によりお控えください。
また、本展覧会では指定された場所以外での写真撮影は禁止です。ヒトの臓器標本の撮影禁止です。
以上のことをご了承のうえ、ご来場くださいますよう、ご案内申しあげます。

入場待ち列における整理券の配布について

本展は土曜、日曜を中心に入場待ちの時間が長くなっております。

お客様が入場待ち列にお待ち頂く時間を出来る限り短くするため、以下の日程の中で混雑をしている時間帯は、入場時間を指定した整理券を配布いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

混雑状況