展示・学習支援

国立科学博物館は、様々な分野の研究者、数多くの標本資料、膨大な研究成果を蓄積しています。そして、これらの資源を活用するとともに、大学の研究者や学会、他の博物館や企業など、国内外の様々な機関とも連携して、魅力ある展示や学習支援事業を開発・実施しています。人々が科学的に考え、合理的に判断し行動できる「科学リテラシー」を育むため、国立科学博物館では社会と科学のコミュニケーションを促進します。

系統広場:地球館 1階
系統広場:地球館 1階

展示・学習支援事業の概要

展示事業については、上野本館を中心に、3地区において展開する常設展の他、人々の興味や関心の高いテーマで特別展や企画展を実施するなど、より多くの人々に訪れていただけるよう多彩で魅力的な展示活動を行っています。また、学習支援事業については、学会や企業等との連携を活かし、専門的で多様な学習機会を提供するとともに、世代に応じた科学リテラシーの涵養を図るための効果的なモデル的プログラムの普及や、学校との連携強化のためのシステム構築など、先導的な事業の開発・普及に努めています。

企画展「ヨシモトコレクションの世界」
企画展「ヨシモトコレクションの世界」

展示事業

上野本館

良質で豊富な実物標本資料を中心に、フロアごとに展示テーマを設け、メッセージ性を重視することにより、常設展示のメインメッセージである「人類と自然の共存をめざして」を体系的に、わかりやすく伝えられるような展示構成としています。「生き物たちが暮らす地球の環境を守り、人類と自然が共存可能な未来を築くために、どうすればよいのか」を人々と共に考えていきます。

[日本館]

「日本列島の自然と私たち」をテーマとする日本館では、日本列島の自然と生い立ち、日本人の形成過程、そして日本人と自然のかかわりの歴史を展示しています。私たちが、日本の自然環境や文化に愛着と誇りを持ち、同時に外国の人々にもわかりやすく伝えることができるような展示です。

秋田犬(忠犬ハチ公)、カラフト犬(ジロ)、甲斐犬:日本館2階
秋田犬(忠犬ハチ公)、
カラフト犬(ジロ)、
甲斐犬:日本館2階

[地球館]

「地球生命史と人類」をテーマとする地球館では、地球の多様な生き物が、お互いに深く関わり合って生きている姿、地球環境の変動の中で生命が誕生と絶滅を繰り返しながら進化してきた道のり、そして、人類の知恵の歴史を展示しています。

オートモ号
オートモ号:地球館2階

筑波実験植物園

園内は「世界の生態区」と「生命を支える多様性区」の2つに分けられ、約3,000種の植物が展示されています。

生態区には、日本の代表的な植生を再現した屋外と熱帯雨林温室、サバンナ温室があり、世界の植物の多様性が体験できます。熱帯資源植物温室を含む多様性区では、人類が様々に利用してきた植物の多様性を展示しています。

絶滅危惧植物、筑波山の植物にはラベルにそれぞれのマークがついています。 筑波実験植物園は、植物観察の他、観賞・憩いの場でもあり、児童・生徒・学生の校外学習にも利用されています。

詳細については筑波実験植物園のページをご覧下さい

水生植物温室
さくらそう展

附属自然教育園

自然教育園では暖温帯の原生的な環境である常緑広葉樹林が保存されており、多くの動植物を観察し生態系のしくみを学ぶことができます。園内には植物の種名表示、解説板が整備されており、自然を深く知ることができるように工夫されています。

また、入園者を対象とした日曜観察会や植物生態学セミナー、こども自然教室、指導者層を対象とした自然観察指導者研修など、研究員の専門性と当園の自然を活かした活動を行っています。

さらに、児童・生徒・学生の校外学習にも利用されています。

詳細については附属自然教育園のページをご覧下さい

日曜観察会
こども自然教室

特別展・企画展

当館の研究成果を広く人々に普及するとともに、企業、大学等関係機関との積極的な連携・協力により多様な展示を実施しています。展示方法や解説などに創意工夫を凝らし一般の人々にとってわかりやすい展示となるよう努めています。

詳細については特別展・企画展・ミニ企画展等のページをご覧ください。

学習支援事業

子どもから大人までを対象にした多彩な事業

子どもから大人まで幅広い人々を対象に、当館の資料や研究成果など高度な 専門性を活かした独自性のある学習支援活動を、学会や企業等と連携しつつ展開しています。

  • 「ディスカバリートーク」
    土日祝日に、当館の研究者が交代で来館者に直接展示や研究内容などについて の解説や質疑応答等を行います。
  • 「自然史セミナー」「大学生のための自然史講座」
    大学生や一般の方を対象とした専門性の高い講座です。

大学生のための自然史講座
大学生のための自然史講座

  • 「サイエンススクエア」
    学校の夏休みなどに学会、企業、高等専門学校等と協力して、工作や実験講座などを中心に実施しています。
  • 青少年の科学・技術への興味関心を高め、科学する心を育てるため、「博物館の達人」認定および「野依科学奨励賞」表彰事業を行っています。
  • 学習支援活動の体系化とその普及・開発
    博物館における学習支援活動の体系化を行いモデル的な学習支援プログラムの普及・開発を行っています。全国の科学系博物館等のネットワークを活用して、学習支援プログラムを集積・発信します。

サイエンススクエア
サイエンススクエア

学校との連携強化

小中高等学校と博物館が、相互の独自性を活かした連携を行うために、科学的体験学習プログラムの普及、教員の博物館理解促進、学習シートの提供を行っています。また、大学生の科学リテラシーおよびサイエンスコミュニケーション能力向上等に貢献するため「国立科学博物館 大学パートナーシップ事業」を実施しています。

  • 小中高等学校との連携事業等
    小中高等学校と博物館をつなぐシステムの構築、科学的体験学習プログラムの普及を教育委員会等と協力して行っています。
  • 「教員のための博物館の日」
    教員が自発的に博物館を楽しみ、博物館の活用について理解を深める機会として「教員のための博物館の日」を当館で開催しています。さらに全国展開を地域の博物館と協力して進めています。
  • 「大学パートナーシップ」入会校のための連携プログラム
    常設展無料入館、特別展割引入館、「大学生のための自然史講座」等の優先的受入など。

教員のための博物館の日
教員のための博物館の日

サイエンスコミュニケーションを担う人材の育成

人々の科学や科学技術に対する理解・意識の向上のために、科学・技術と社会の 架け橋となる人材育成プログラムを開発・実施しています。

  • 「サイエンスコミュニケータ養成実践講座」

    「つながる知の創造」を目指し、理論を学び、それを踏まえた実践を行い、さらに実践 で生じた疑問等について、再度理論に立ち返って考える理論と実践の対話型カリキュ ラムです。SC1修了後、SC2を修了すると「国立科学博物館認定サイエンスコミュニ ケータ」として認定されます。

  • 詳細についてはサイエンスコミュニケータ養成実践講座のページをご覧下さい。

  • 「博物館実習」

    学芸員の資格取得を目指す大学生を対象に研究部等での調査研究、標本資料の収 集・保管を体験するコースと展示室での学習支援活動の企画開発を体験するコース を実施しています。

  • 詳細については博物館実習生受け入れ指導事業のページをご覧下さい。

SC1 展示室における受講生のディスカバリートーク
SC1 展示室における受講生の
ディスカバリートーク

ボランティア活動の充実

上野本館では昭和61年からボランティア制度を導入しています。平成29年4月1日現在、230名の方々が登録されています。 また、筑波実験植物園で活動する植物園ボランティアは、園内の案内や観察会の受付等の活動を行っています。

ボランティア特別企画での活動
ボランティア特別企画での活動