自宅で“かはく”を楽しめるコンテンツ

特別展「大地のハンター展」に展示していたコビトカイマンの標本は人気バンド「THE ALFEE」のメンバーである坂崎幸之助氏から当館に寄贈されたものです。
 そのコビトカイマンの本剥製標本を3D画像として360度観察できます。

【巡回予定】
・新潟県立万代島美術館 2021年7月3日(土)~2021年9月5日(日)
・名古屋市科学館 2022年3月中旬~2022年6月中旬(予定)
※諸情勢により、巡回展の会場や会期を変更する場合があります。

坂崎 幸之助
SAKAZAKI, Konosuke
坂崎 幸之助

1954年生まれ。
人気バンドTHE ALFEEのメンバー。
1973年に大学キャンパスにて、現在に至るメンバーと出会い、バンドを結成。翌74年にデビュー。現在もコンサートツアーを中心に精力的に活動を続けている、日本屈指のアコースティック・ギタリスト。 本業の傍ら、多趣味でも知られ、カメラや和ガラス、そして長年に及ぶ爬虫類・両生類の愛好家でも有名である。ちなみに、他のメンバーから「蛇を飼ったら解散」と言われており、蛇の飼育は断念する一方、アシナシトカゲはOKだと思っている。

コビトカイマン Dwarf caiman

コビトカイマン

分類  脊索動物門 爬虫綱 ワニ目 アリゲーター科
学名  Paleosuchus palpebrosus

南米大陸の河川や湿地に生息する小型種で、全長2m以上に達する。短く幅広の顎で魚類をはじめとしたさまざまな小型の脊椎動物・無脊椎動物を捕食する。 本標本はミュージシャンであるTHE ALFEEの坂崎幸之助氏が長年飼育していた個体を剥製化したものである。

3D画像協力:森健人(一般社団法人路上博物館)

公式SNS