学校利用

学校利用

かはくスクールプログラム

かはくスクールプログラムは、学校の皆さんにより効果的に博物館を活用していただくために当館の標本や資料を活用しながら体験的な学習をするプログラムで、当館職員が実施します。

プログラムは来館型とオンライン型の2種類設けてありますので、各学校のニーズに応じてお選びください。

かはくスクールプログラム チラシ(PDF:349KB)

プログラムの概要

対象 教科の学習や総合的な学習(探究)の時間で利用する学校団体
実施日時
来館型
火〜金曜日(※休館日及び祝日を除く) 9:30〜16:00
オンライン型
月〜金曜日(※祝日を除く) 9:30〜16:00
費用 無料 (※入館料はアクセス・利用案内のページをご覧ください)

現在、来館型プログラムの受入れを一部見合わせております。詳細はプログラムの種類をご覧ください。

プログラムの種類

プログラムの内容は下記のリンク先に紹介しています。

来館型
オンライン型

お申込みの流れ

  • 1
    お申込み

    ※2023年4月以降の募集は開始していません。
    ※フォームは外部のサービスを利用しています。
    ※受付状況によって、ご希望に添えない場合がございます。ご了承ください。

  • 2
    予約について
    • 予約の可否につきましては、受付後2週間以内にメールにてご連絡いたします。
    • 受入れ確定の場合、「予約確認書」をメールにてお送りいたします。お間違いがなければ予約完了となります。
    来館型
    「博物館のお仕事インタビュー」にお申込みの際は、実施の10日前までに事前課題をメールにてご提出ください。
    オンライン型
    プログラム実施日の1週間前を目処に当館職員との打ち合わせ及び接続テスト(15分程度)が必要になります。
  • 3
    プログラム実施の当日
    来館型
    団体での入館の場合、スクールプログラムのお申込みとは別に「団体利用登録」が必要になります。詳細は「団体利用」や「学校利用の手続き」をご覧ください。
    オンライン型
    プログラム開始30分前よりウェブ会議システムに接続できます。
    • 【キャンセルについて】
      特に、キャンセル料等は発生いたしませんが、キャンセルする場合は、他の学校が利用できるよう、速やかに当館までお知らせください。無断でキャンセルを行うことはお控えください。
  • 4
    プログラム終了後

    アンケートにご協力ください。

注意事項

来館型

  • ・来館型プログラムは先生の引率が必要です。
  • ・来館型プログラムをご希望の場合、プログラム所要時間のほかに常設展の見学の時間を1時間以上確保してください。
  • ・旅行業者の方からのお申込みや、雨天時のみのプログラム利用はお受けしておりません。

オンライン型

  • ・オンライン型プログラムでは、プログラムの進行時に教員のサポート(児童生徒への声掛け等)が必要となりますので、児童生徒のみによるお申込みはできません。
  • ・オンライン型プログラムを行うための機器、ネットワーク等につきましては各校で手配をお願いいたします。また、オンラインの接続等にかかる経費につきましては、各校にご負担いただきます。(ウェブ会議システムはZoomを使用)

学習教材・ワークシート

学校の教室で国立科学博物館の雰囲気を楽しみながら学習できるワークシートを作成しました。解説を参考にしながら理科の授業でご活用ください。

※ワークシート解説の「展示場所」の丸数字は、「常設展」の各フロアマップの番号と連動しています。

かはくVRを使えば、学校の教室=国立科学博物館の展示室であるかのように個々の児童生徒のペースで当館を見学することができます。当館の展示室には学校の教育内容に関連したものが多く展示されておりますので、例えば、理科の学習を効果的に行い、学習内容の深い理解を図るために、かはくVRを是非ご活用ください。

お問合せ先

国立科学博物館
事業推進部 学習課
電話:03-3822-0111(代表)