国立科学博物館分子生物多様性研究資料センターでは下記の要領により研究員を公募します。

特定非常勤研究員(特定有期雇用職員) 募集案内【筑波地区】

1.採用予定数 1名
2.身分 特定非常勤研究員(特定有期雇用職員)
3. 職務内容 分子生物多様性研究資料センターの運営支援業務
4. 勤務地 独立行政法人国立科学博物館 筑波地区
(茨城県つくば市天久保4-1-1)
5. 契約期間 平成30年10月1日〜平成31年3月30日(予定)
年度単位で更新可。ただし更新は最長5年(最長で平成35年9月30日まで)
6. 資格・条件 博士の学位を有し、分子生物学的学識のある研究者で、DNAラボの管理・運営の経験(シーケンサーを含む機器の管理運用、実験指導等)があり、センター業務(DNA試料とその証拠標本の収集・作製・保管、DNA抽出から塩基配列決定等の実験、データベース運用関連等)に積極的に取り組むことのできる者。植物や藻類・菌類を中心とした(いずれかの)分類に関する知識を有することが望ましい。また、生物多様性に対する高い関心と、関連政策・法規に関する知識を有していることが望ましい。
7. 勤務日等 週5日勤務(月〜金曜日)
業務の都合により割振で土・日・祝日・年末年始に勤務する場合あり
8:30〜17:15(休憩60分) 1週38時間45分
8. 給与 日給:約10,000〜15,000円程度(学歴、職歴等を勘案して支給)
通勤手当:支給要件を満たした場合は、規定交通費別途支給
住居手当:支給要件を満たした場合は、27,000円を限度に支給
その他、手当あり。
9. 社会保険等 厚生年金保険、健康保険、雇用保険に加入。労災保険適用。
10. 提出書類
  • (1)履歴書(写真貼付) 1部
  • (2)研究業績目録 1部
    業績は論文と著書に分け、論文は査読有りと査読無しに分けて書く
  • (3)現在までの研究概要と職務の抱負 A4紙1枚
  • (4)応募者について照会できる方2名の氏名と連絡先
※当館では、個人情報保護の観点から応募書類は次の通り取り扱いますので予めご了承ください。
1)提出書類は選考以外の目的には使用しません。
2)提出書類は選考後当方にて適切に処理します。なお、書類の返却を希望する場合は宛先を記し返信料に相当する切手又は着払い宅配便伝票を貼った封筒を同封してください。
11. 面接等 審査の過程で面接及び口頭による研究内容等の発表をお願いすることがあります。
その際の旅費・滞在費は応募者の自己負担としますので予め御了承ください。
12. 応募期間 平成30年7月13日(金)必着
封筒の表に「特定非常勤研究員応募書類」と朱書きし書留で郵送してください。
現在海外に居住している応募者のみ、PDF化した提出書類を添付した電子メールでの応募が可能です。この場合日本時間7月13日午後5時必着で送信してください。
12. 応募書類
送付先及び
問い合わせ先

〒305−0005 茨城県つくば市天久保4−1−1
独立行政法人国立科学博物館 分子生物多様性研究資料センター
センター長  真鍋 真
TEL 029−853−8152 manabe[at]kahaku.go.jp([at]を@に差し替え)

arrow 採用情報のトップへ戻る