海棲哺乳類データベース:海棲哺乳類図鑑

ラッコ

和名 : ラッコ / 学名 : Enhydra lutris / 英名 : Sea otter

ラッコ詳細

目名 食肉目 Order Carnivora
亜目名 イヌ亜目 Suborder Caniformia
科名 イタチ科 Family Mustelidae
属名 ラッコ属 Genus Enhydra
和名 ラッコ Species lutris
亜種名 - Subspecies -
タイプ - Subtype -
CITES附属書 II IUCNレッドリストカテゴリー Endangered
上顎歯数(歯式・ヒゲ板枚数) 3/1/3/1 下顎歯数(歯式) 2/1/3/2
出生時 離乳時 オトナ オトナ雄 オトナ雌
大きさ 56-57cm - - 148cm 140cm
重さ 2.04-2.27kg 10-13.6kg - 27-38.6kg 16-27kg
特徴と習性
腹部の毛皮は哺乳類の中で最も密度が高く、下毛の間に空気をためて保温する。そのためこの毛皮を取るために乱獲されその数は激減し、現在では絶滅危惧種に指定されている。毛色は黒~灰褐色で、年齢とともに頭部は銀白色になる。指の間に水かきが発達し、尾は平たく先端は尖る。日本では北海道周辺で見ることができる。生涯のほとんどを海の中で過ごし、生まれたてのコドモはあお向けになった母親のお腹の上で大きくなる。ジャイアントケルプなどの海藻を身体に巻きつけ流されないよう身体を固定し、睡眠したり、食事、哺乳をする。オトナオスは中型から大型犬並みに大きく、体長150cm、体重40kgほどに達する。北太平洋に棲息し、北海道周辺からオホーツク海、カムチャツカ半島、アリューシャン列島および北アメリカの沿岸に分布する。
備考
関連ページ:
ストランディング事例
事例地図を表示

海棲哺乳類頭骨データベース

画像をクリックすると拡大画像が閲覧できます。


性別 M 性状態 adult
体長 - 採集地 Pacific Ocean
標本番号 - 標本番号(他館) -

▲海棲哺乳類図鑑に戻る