すべての会場
2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
・カレンダーの日付をクリックすると、その日に行うイベント情報をご覧いただけます。
・「月」をクリックするとその月のイベントが、「曜日」をクリックするとその月のその曜日のイベントがご覧いただけます。

休館日のお知らせ

2月:
上野本館…5、13、26日
筑波実験植物園…5、13、19、26日
附属自然教育園…5、13、19、26日
3月:
上野本館…4、11、18日
筑波実験植物園…4、18、21、25日
附属自然教育園…4、11、18、21日
4月:
上野本館…8、15、22日
筑波実験植物園…1、8、15、22日
附属自然教育園…8、15、22日
pH/CO2が支える地球上の生命 上野本館
10/2(日)

pH/CO2が支える地球上の生命

京都大学/高橋重成、国立科学博物館/久保田好美
大阪大学/船戸洋佑、岡村康司、荻沼政之
琉球大学/栗原晴子
特別講演:
東京大学/中西 真
東京大学/寺島 一郎
豊田中央研究所/森川 健志
地球上の至る所に「酸」が存在しており、pHなんて言葉も作られていますが、その理由を考えたことはあるでしょうか?地球に存在している酸および有機物のほとんどは元をたどれば太古の地球にあったCO2に由来します。生命がいかにしてpH/CO2変化に適応するべく進化したのか、いかに巧みに利用しているのか等、最先端の知見を紹介します。さらに海洋酸性化により将来生命はどうなってしまうのか?人類はどうするべきなのか?一緒に考えたいと思います。
時間 10:50〜16:35(受付開始10:30)
会場 上野本館 日本館講堂(2F)
定員 現地参加 60名、オンライン参加500名
対象 どなたでもご参加いただけます(最先端の専門的な内容をかみくだいて説明します。小学校高学年以上に合わせた内容です。)
費用 ■現地参加:
本シンポジウム参加の方は、入館予約・常設展示入館料は必要ありません。入館の際に「受付完了メール」もしくは「受付完了メールを印刷したもの」を入口の係員にご提示ください。

■オンライン参加:
無料
備考 【詳細はこちら】(PDF: 1.1MB)
※感染拡大等の理由により、内容の変更・講演が中止になる場合があります。予めご了承ください。
※感染防止対策としてのお願いがございます。事前に「ご来館のお客様へのお願い」をご確認ください。
締切日 定員になり次第〆切
申込方法 現地参加のお申し込みはこちら

オンライン参加のお申し込みはこちら
※オンライン参加の場合は、前日までに登録メールアドレスにZoom(ズーム)のリンク先をお知らせします。あらかじめご使用のPCやタブレット等にZoomアプリのダウンロード・インストール・設定をお願いいたします。
※当イベントの録画・録音、写真撮影は禁止させていただきます。
お問い合わせ 国立科学博物館 地学研究部 久保田
e-mail:kahaku_event@googlegroups.com