重田 康成 Yasunari Shigeta
氏名 重田 康成
所属 地学研究部 環境変動史研究グループ
学位 博士(理学)
メールアドレス アドレス
研究者 写真

研究分野

古生物学、地質学

研究内容

アンモナイトの生層序学的研究、古生態学的研究、比較解剖学的研究、分類学的研究。
北太平洋地域(日本、極東ロシア、アラスカ)や東南アジア(ベトナム、フィリピン)の中生代層序。
三畳紀初期の生物多様性の回復の研究。

古生代末の大量絶滅事件により海生生物種の90%以上が死滅し、それまでの生態系は壊滅的な打撃を受けました。こうして幕をあけた中生代は、恐竜が出現し、繁栄し、絶滅しただけではなく、陸上植物や海の生物に大きな生態的な変革が起きました。それは現在の生物多様性や生態系の成立を理解する上で、重要なヒントを与えるものです。私は化石と同じ目線にたち、化石がもつ様々な情報を詳細な野外調査や標本の観察を通して読み取り、中生代という時代を理解しようとしています。具体的には、1)ロシアやベトナムの三畳系をフィールドに、大量絶滅後の生物多様性や生態系の回復に関する研究、2)環太平洋地域(フィリピン、日本、ロシア、カナダ、アメリカ)の白亜系をフィールドに、アンモナイトの生物地理と進化に関する研究を進めています。いずれも,化石生物の生物学的、生態学的、分類学的、進化学的研究、地層の堆積学的、層序学的研究に基礎を置きますが、必要に応じて、現生生物を用いた研究、同位体などの地球化学的研究、古地磁気層序や絶対年代測定などの地球物理学的研究など様々な研究手法を取り入れています。

ひとこと

世界中の地層からアンモナイトを掘り出し「どのような生物か」「どこに住んでいたか」
「どのようにして化石になったか」などをテーマに研究を進めている。
-----------------------------------------------------------------------
アンモナイトを求めて世界を歩く (「私の研究」より)
ロシア極東・サハリン、カムチャッカ編
ロシア極東・プリモーリエ編
アラスカ編
フィリピン編