海棲哺乳類データベース:海棲哺乳類図鑑

オウギハクジラ

和名 : オウギハクジラ / 学名 : Mesoplodon stejnegeri / 英名 : Stejneger's beaked whale

オウギハクジラ詳細

目名 クジラ目 Order Cetacea
亜目名 ハクジラ亜目 Suborder Odontoceti
科名 アカボウクジラ科 Family Ziphiidae
属名 オウギハクジラ属 Genus Mesoplodon
和名 オウギハクジラ Species stejnegeri
亜種名 - Subspecies -
タイプ - Subtype -
CITES附属書 II IUCNレッドリストカテゴリー Data Deficient
上顎歯数(歯式・ヒゲ板枚数) - 下顎歯数(歯式) 1(male only)
出生時 離乳時 オトナ オトナ雄 オトナ雌
大きさ - - 4.5-5.3m - -
重さ - - - - -
特徴と習性
頭は小さく、クチバシがある。背びれは小さく、かなり後ろよりに位置する。胸びれは小さい。新生児の体色は褐色で腹側が白いが、成長すると全身灰青色から黒に近い灰色。成熟雄では繁殖期の闘争によるといわれる線状の傷跡がある。歯は下顎に一対のみで、成熟雄のみで萌出し、上顎の左右に牙のように大きくそびえる。ほとんど不明。日本海側の各地には初冬から初夏にかけて漂着する。
備考
関連ページ:
ストランディング事例
事例地図を表示

海棲哺乳類頭骨データベース

画像をクリックすると拡大画像が閲覧できます。


性別 - 性状態 -
体長 - 採集地 -
標本番号 - 標本番号(他館) -

▲海棲哺乳類図鑑に戻る