ダム湖のプランクトン

ダム湖の植物プランクトン 簡易同定チェックリスト

国立科学博物館・植物研究部
辻彰洋・新山優子

2018.1.29 Ver.03.01

(2014.5.7 Ver.02.01)

(2013. 5.10 Ver. 01.10)

このHPの使用について


1. このチェックリストは、ダム湖のモニタリングにおいて将来的に電子化した拘束力のあるものとして利用されることを目的として作成しました。

そのため、このチェックリストの種あるいは種群は、乾燥系の40倍の対物レンズで、様々な処理を行わずに、生活環の観察を行わ ないでも同定可能なレベルにとどめています。

このチェックリストは、その意味で、最低限を規定する簡易同定チェックリストであり、可能であれば実際のモニタリングにおいては、更に高いレベルでの同定を行って頂きたく思っています。また、このチェックリストはダム湖の日常的な維持管理を目的としたものであり、研究目的・生物多様性のモニタリングや上下水道の管理などの目的のためには、不十分です。

このHPのグループ(種群)はダム湖で優占する種について精度を求め、説明も丁寧にしています。一方、流入からの混入の可能性が高い付着性珪藻など、ダム湖プランクトンモニタリングでの重要性の低いものについては、同定レベルを落とし、属単位あるいは、複数の属を入れたグループとしています。付着性珪藻を対象とするモニタリングにこのレベルでは使えないのは明らかです。また、自然湖沼では、ダム湖に比べて多様な種が優占・出現します。そのため、自然湖沼を対象としたモニタリングでは参照は出来ますが、チェックリストとしては不十分だと思います。

2013年度の試行の結果、様々なご意見を頂きました。今回ver02に改訂するにあたり、頂いたご意見を元に、項目の見直しを行いました。そのため、Ver.01と02では、コードは全く別になっています。今後は出来るだけコードを維持したく思いますが、ご了解頂けますようお願いいたします。


2.  小形単細胞鞭毛藻類の取り扱いについて

 小形の単細胞鞭毛藻類等については、現存量は多いが、従来のアセスメントでは、見落とされているケースが多いと思われます。これらの同定には、生細胞を観察するほか、グルタルアルデヒド固定等を行い、染色をして高倍で観察する必要があるなど、現実的に難しい問題があります。また、正確な計数のためには沈殿法でも細胞を流出しないよう細心の注意が必要です。 そのため、今回のチェックリストではこれらについては、大きくまとめることにしました。この件の可否については多くの方にご意見を頂きたく思います。

 Ver.02では、単細胞鞭毛藻類についても大きなグループで分類できた時に、入力できるように、少しだけ区分しました。しかし、固定方法によっては、そのレベルの分類でも難しい事があるかもしれません。


謝辞

本研究の一部は、水源池生態研究会の研究の一環として行ないました。

この研究に関して一般財団法人水源地環境センターからの助成金および、JSPS科研費 23510021の助成を受けました。

厚く御礼申し上げます。

このHP作成は国立科学博物館の情報公開促進経費により行いました。


version 履歴

2012.4 v.0.1 仮バージョン

2013.4.1 v.1.0 本番移行バージョン1 大幅にグループの統合を行った

2013.5.10 v1.1 本番移行バージョン2 文字化けの解決と共に一部グループの再統合を行った。

2014.5.7 v.2.0 フィードバックを元に項目の全面的な見直しを行った。そのため、コードも振り替えを行った。

2018.1.29 v.3.0 簡易同定チェックリストの「その他」の項目追加および「401-8 Lindavia属」の属名更新を行った。


last update: 2018.1.29

Copyright© 2012- 国立科学博物館植物研究部
National Museum of Nature and Science. All rights reserved.