アパトサウルスtop | かはくtop

研究官紹介

冨田 幸光
とみだゆきみつ
1950年生まれ
国立科学博物館 地学研究部 古生物第三研究室 室長
学歴:
1973年:横浜国立大学教育学部卒業
1980年:アリゾナ大学大学院博士課程単位取得退学
1985年:ph.D米合衆国アリゾナ大学
職歴:
1981年:国立科学博物館地学研究部研究官
1992年:同 主任研究官
1994年(4月)より現職 現在に至る。
冨田幸光研究官
「研究テーマ」
北アメリカと日本の古第三紀小型哺乳類の系統分類や古生物地理学的研究、アジア(とくにゴビ砂漠)産恐竜類の系統分類・解剖学的研究、最近は岐阜県可児市の中新統産齧歯類を中心とする小型哺乳類化石群を、中国、北アメリカ、ヨーロッパの同様な化石群と比較して、その系統関係や古生物地理を解明しつつある。
 

真鍋 真
まなべまこと
1959年生まれ
国立科学博物館 地学研究部 研究官
学歴:
1984年:横浜国立大学教育学部卒業
1986年:同 大学院教育学研究科修士課程終了
1988年:米合衆国イェ−ル大学大学院修士課程終了
1994年:英国ブリストル大学理学部地質学科 ph.D.課程終了
職歴:
1994年(10月)より現職 現在に至る。
真鍋真研究官
「研究テーマ」魚竜の固体発生と系統発生の研究、海棲爬虫類の水棲適応の解折、モルフォメトリクスとイメージアナリシスの古脊椎動物学への応用研究、アジア産中生代双弓類爬虫類の分類学的研究、ここ数年は、三畳紀前期と白亜紀前期の脊椎動物の適応放散、その地球環境の変遷との関連などを研究している。


Paul M. Barrett
ポール・M・バレット
1971年12月21日生まれ,30歳
英・オックスフォード大学理学部動物学科・講師
学歴:
1993年:英・ケンブリッジ大学理学部動物学科卒業
1998年:同大学院博士課程修了,PhD博士(理学)
学位論文:恐竜(鳥類を除く)進化における植物食の研究
職歴:
1997年:ケンブリッジ大学理学部動物学科・非常勤講師
1999年(10月)より現職.現在に至る.


Paul Upchurch
ポール・アップチャーチ
1967年10月18日生まれ,34歳
英・ケンブリッジ大学理学部地球科学科・講師
学歴:
1989年:英・ケンブリッジ大学理学部動物学科卒業
1993年:同大学院博士課程修了,PhD博士(理学)
学位論文:竜脚類の系統進化の研究
職歴:
1993年(10月)より現職.現在に至る.

 

ポール・アップチャーチ研究官

 

アパトサウルス
作業の様子
作業日記
インタビュー
スタッフ紹介
かはく恐竜展示