すべての会場
12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
・カレンダーの日付をクリックすると、その日に行うイベント情報をご覧いただけます。
・「月」をクリックするとその月のイベントが、「曜日」をクリックするとその月のその曜日のイベントがご覧いただけます。

休館日のお知らせ

12月:
上野本館…3、10、17、28、29、30、31日
筑波実験植物園…3、10、17、25、28、29、30、31日
附属自然教育園…17、25、28、29、30、31日
1月:
上野本館…1、7、15、21、28日
筑波実験植物園…1、2、3、4、7、15、21、28日
附属自然教育園…1、2、3、4、7、15、21、28日
2月:
上野本館…4、12、18日
筑波実験植物園…4、12、18、25日
附属自然教育園…4、12、18、25日

■すべての会場 11月10日のイベント

2018 子ども自然教室(11月10日) 自然教育園 全日程を表示する
共催 共催:
11/10(土)

どんぐりのコマ作り

自然教育園/かはくボランティア
講義室での工作教室です。
時間 11:00〜12:00
会場 自然教育園
定員 30名
対象 5歳以上の入園者
備考 通常入園料(一般・大学生 310円、高校生以下・65歳以上は無料)が必要です。
受付開始 実施日の1ヶ月前から
申込方法 定員に達しましたので受付は終了しました。ご応募ありがとうございました。
産業技術史講座(上野本館で開催) 産業技術史資料情報センター 全日程を表示する
11/10(土)

石英系光ファイバ技術発展の系統化調査

前産業技術史資料情報センター 主任調査員/河内 正夫
要問合せ
長距離伝送媒体としての光ファイバの可能性が英国STL(Standard Telecommunication Laboratories)に勤務していたCharles K. Kaoによって提唱されたのは1966 年のことである。1970年代に入ると、米国のCorning 社とBell 研究所、さらに日本のNTTと電線メーカの努力によって低損失な石英系光ファイバの開発が進み、1981年にはNTT公衆通信網への最初の光ファイバ導入が行われた。そして現在、光ファイバ通信網は、インターネットや携帯電話を含む高速情報通信を支える最重要インフラとなっている。本講座では、人類が発明した究極の大容量伝送媒体ともいえる石英系光ファイバの技術発展経緯を紹介する。
時間 14:00〜16:00 (開場は13:30)
会場 国立科学博物館(上野) 地球館3階講義室
定員 40名
対象 一般(高校生以上)
締切日 10月27日 (消印有効)
申込方法 往復はがき
2018 夜の天体観望公開 筑波実験植物園 全日程を表示する
11/10(土)

夜の天体観望公開

理工学研究部/洞口 俊博
受付終了
観察できる主な天体:火星、海王星、二重星、星団、星雲
時間 日暮(17:15頃)から約2時間(晴天時)
会場 筑波実験植物園 研修展示館
定員 40名
対象 どなたでも
費用 夜間入園料(一般・大学生310円、高校生以下および65歳以上は無料)
備考 ・西門からお入り下さい
・友の会会員およびリピーターズパス会員は会員証で入園できます
※天候により中止となる場合もございます
受付開始 1か月前から
申込方法 電話(029-851-5159)
2018 自然観察会 屋外 全日程を表示する
共催 東北大学学術資源研究公開センター総合学術博物館
11/10(土)

地層と化石の観察会(1)

東北大学学術資源研究公開センター総合学術博物館/根本潤
地学研究部/重田康成、齋藤めぐみ、芳賀拓真
要問合せ
【「化石の日」関連行事】
約500万年前の地層を観察し、タカハシホタテなどを採取しよう!
時間 10時30分〜14時30分
会場 宮城県仙台市青葉区広瀬川河床「澱橋下」および東北大学学術資源研究公開センター総合学術博物館
定員 20名
集合 10時30分 地下鉄東西線国際センター駅「西1」出口
解散 14時30分 東北大学学術資源研究公開センター総合学術博物館
対象 小学5年生以上 ※小学生は保護者同伴
費用 保険料50円(当日集めます。お釣りのないようにご用意ください。)
持参品 頑丈なハンマー、タガネ(先の尖ったもの)、防護メガネ、軍手、古新聞紙(2日分ほど)、昼食、飲み物(水筒)、帽子、タオル、化石を入れる丈夫な袋(複数枚)、作業できる靴(川岸や河床で化石を採集しますので、長靴など濡れてもよい靴。サンダル不可)
備考 ・雨天中止。
・小学生の方は同伴される保護者の方のお名前も合わせてお申込ください。
・河床など不整地を移動しますので、健康に不安がある方はご遠慮ください。【10/4追記】
・現地までの交通費は各自負担です。
・応募者多数の場合は抽選になります。結果については締切日以降にメールまたは返信ハガキにてご連絡いたします。
締切日 10月28日 締切(消印有効) 【10/22更新】
申込方法 往復はがき
お問い合わせ 国立科学博物館 学習課 学習支援担当
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
電話:03-5814-9888 (平日8:30〜17:00)
2018 楽しい化学の実験室 上野本館 全日程を表示する
共催 日本化学会関東支部
11/10(土)

化学の不思議、光と色を楽しもう!

都留文科大学/山田 暢司
理工学研究部/若林 文高、米田 成一
受付終了
カラフルな炎を作ったり、ビニール管に詰め込んだ気体が音を伴い光ったり、怪しげな発光する液体を作ったり、だんだん色が変わっていく不思議な現象を観察したりと、化学変化が作り出す不思議な光と色の世界を紹介します。
時間 14時00分〜15時30分
会場 上野本館 地球館3階実験実習室
定員 20名
対象 小5〜中3
費用 保険料50円(当日集めます。お釣りのないようにご用意ください。)
持参品 筆記用具、汚れてもよい服装
備考 ・通常入館料(一般・大学生620円。高校生以下および65歳以上は無料)が必要です。
・応募者多数の場合は抽選になります。結果については締切日以降にメールまたは返信ハガキにてご連絡いたします。
・参加対象者以外の方(保護者を含む)は教室内でご見学いただけませんので、予めご了承ください。
締切日 10月27日 締切(消印有効)
申込方法 受付は終了しました。
お問い合わせ 国立科学博物館 学習課 学習支援担当
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
電話:03-5814-9888 (平日8:30〜17:00)
2018 研究者によるディスカバリートーク 上野本館 全日程を表示する
11/10(土)

小笠原諸島の魚類寄生虫
 実施フロア:地球館2F ※※

動物研究部/倉持 利明
当日受付
11/10(土)

8の年に起きた節目の地震
 実施フロア:地球館2F 
 ★15:00〜、17:00〜

理工学研究部/室谷 智子
当日受付
土・日・祝日に科博の研究者が交代で、展示や研究内容などについての解説を行います。
■予定は変ることがありますので、お越しになる前にスケジュールをご確認ください。
時間 ※ 午前11時〜、午後1時〜 
※※ 正午〜、午後2時〜 (各約30分程度)
◆ライト◆と表記されている回は、初めて参加される方向けの短めのトークです
◆プラス◆と表記されている回は、より発展的な内容を含む長めのトークです
テーマにより時間が短縮されたり延長されることがあります。
※詳細は当日受付でご確認ください。
会場 地球館・日本館
定員 15名(先着順)定員を超えた場合は立ち見となります。講義室の場合は50席。
対象 どなたでもご参加いただけます(内容は小学校高学年以上に合わせた内容です。)
◆子ども優先◆と表記されている回は、子ども(小学生から中学生まで)の方を優先して実施します。
備考 概要はこちら
受付開始 実施時間のそれぞれ15分前から、各会場にて受付。
※日本館が会場のときは実施フロアの中央回廊で受付をします。
申込方法 申込は不要です
お問い合わせ 国立科学博物館 学習課 学習支援担当
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園 7-20
電話:03-5814-9888 (平日8:30〜17:00)