展示概要

企画展名称 地衣類―藻類と共生した菌類たち―
開催期間 2017年12月19日(火)~2018年3月4日(日)
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
日本館 地下1階 多目的室
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
*入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 毎週月曜日、12月28日(木)~1月1日(月)、1月9日(火)
ただし、1月8日(月)、2月12日(月)は開館
入館料 常設展示入館料のみでご覧いただけます。
一般・大学生:620円
高校生以下および65歳以上:無料
主催 国立科学博物館

アクセス

独立行政法人国立科学博物館
所在地 東京都台東区上野公園 7-20
お問合せ (ハローダイヤル) 03-5777-8600
国立科学博物館アクセスマップ

展示展示構成・主な展示品

おもな展示物は当館所蔵の約25万点の地衣類標本の中から約70点を厳選しています。

1.地衣類とは

  • えっ!地衣類ってコケじゃないの?
  • 地衣類=菌類+藻類!?
  • 成功した“地衣化”戦略

2.地衣類のいろいろ

  • 針葉樹林帯の地衣類
  • 高山の地衣類
  • 熱帯~亜熱帯の地衣類
  • 街なかの地衣類
  • 長さ数mのナガサルオガセ
  • 大きさ1mm未満のピンゴケ
  • ネコの肉球のような構造があるアンチゴケ
  • きのこのようなアオウロコゴケ
  • 生葉上地衣類
  • 見た目は藻のオガサワラスミレモモドキ
  • 身近な地衣類の定番ウメノキゴケ

3.スタジオ地衣類

  • ギタイマントで擬態してみよう
  • 地衣類に擬態する蛾
    (協力:飯田市美術博物館)

4.特殊環境の地衣類

  • 南極の地衣類標本など
  • 南極の地衣類
  • 地上を転がって移動するテマリチイ
  • 3Dプリンタで作ったイオウゴケ模型

5.地衣類に含まれる化学成分

  • リトマス試験紙や地衣染めなど
  • 光る地衣類アート
  • リトマス試験紙の原料のリトマスゴケ
  • ウメノキゴケやパペリージョなどによる地衣染め

6.地衣類と人の暮らし

  • 大気環境の移り変わりを反映する地衣類
  • 地衣類の利用
  • 世界最大級のイワタケ
  • 旧約聖書に登場する「マナ」と考えられているマンナチイ
  • 毒のあるオオカミゴケ
  • お茶にされるムシゴケ
  • 香水に使われるフタマタチイ

地衣類の探究

もっと詳しく地衣類について知りたい方は、こちらをご覧ください。
地衣類の探究ページへ