展示概要

企画展名称 理化学研究所百年ーお弁当箱からニホニウムまでー
開催期間 2017年2月28日(火) ~4月9日(日)
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
日本館 地下1階 多目的室
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
*入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 3月6日(月)、3月13日(月)、3月21日(火)
入館料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料
主催 国立科学博物館、理化学研究所

アクセス

独立行政法人国立科学博物館
所在地 東京都台東区上野公園 7-20
お問合せ (ハローダイヤル) 03-5777-8600
国立科学博物館アクセスマップ

日本の物理学を変えた一通の手紙
「私の第一の望みは、先生のもとで学ぶことです」

日本の物理学を変えた一通の手紙1923年3月、理研研究生としてドイツに留学中の仁科芳雄は、デンマークの大物理学者ニールス・ボーアに一通の手紙を送りました。

手紙をきっかけに、仁科は当時確立しつつあった量子力学をボーアのもとで5年間学び、大きな成果をあげて、第一級の物理学者として帰国。日本の物理学を、世界のトップと並ぶレベルに引き上げました。

写真左上:ニールス・ボーア アーカイブのご厚意により精巧な複製を展示

113番元素ニホニウム(Nh)
元素周期表に日本発の新元素が掲載

113番元素ニホニウム(Nh)1869年にメンデレーエフが提案した元素周期表は、現在では世界中の科学の教科書に必ず載っています。

理研は、装置開発から約20年をかけて、2004年に113番元素の合成に成功しました。そして最初の合成成功から12年を経て、2016年11月30日、ついに周期表に日本発の“ニホニウム(Nh)”が掲載されることが決定。科学史に残る大きな成果となりました。

財団理研と大河内正敏
ベンチャー企業のさきがけ

>財団理研と大河内正敏大河内正敏は、主任研究員制度を創り、研究活動を推進しました。得られた研究成果を製品化するために、今でいうベンチャー企業を設立、“理研コンツェルン”と呼ばれる企業集団を形成し、その収益を研究費に充てる研究・工業化体制を創りました。

研究活動を活発化させ、日本独自の技術開発を進め、産業の発展に貢献しました。

研究成果を社会へ
理研が生み出した製品

研究成果を社会へ理研は、真理を追究する純粋理化学研究を行うと同時に、その成果を社会に役立てる研究も行ってきました。

栄養素ビタミンも理研と大きな関わりがあります。ビタミンAを製品化したのは、理研の応用研究によるもので、理研は世界11カ国の特許を取得しました。お弁当箱などに使われる“ アルマイト” も理研が開発、命名したものです。

記念講演会

日時 2017年 3月18日(土)14:00~16:45
会場 国立科学博物館 日本館2階講堂
定員 100名
参加費 無料 ※常設展示入館料は別途必要です。
(一般・大学生620円、高校生以下・65歳以上は無料)
申込方法 申込みページより必須事項をご記入のうえ、お申し込みください。
※電話やハガキなど、WEB以外での申込みは受付いたしませんので、ご注意下さい。
申込み こちらよりお申し込み下さい。
※「申込方法 WEB」より申込みできます。
締切 2017年2月27日(月)17時
ご注意

申込数が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

当選された方にはメールにて3月9日(木)頃までに参加票をお送りします。

当方からのメールをお受け取りいただけるよう、メールアドレスの登録はお間違いのないようお願いいたします。

また、迷惑メール対策などの受信設定のご確認をお願いいたします。

お問い
合わせ
〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館 企画展示担当
kikakuten@kahaku.go.jp
タイムスケジュール
13:30 開場
14:00-14:05 開会挨拶
14:05-15:15 「日本の科学と歩んだ理研」
東京大学大学院総合文化研究科准教授 岡本 拓司氏
15:30-16:40 「理研が腸内フローラ研究を開拓した!」
理化学研究所特別招聘研究員 辨野 義己氏
16:40-16:45 閉会挨拶