展示概要

企画展名称 花粉と花粉症の科学
開催期間 2016年12月23日(金・祝)
~2017年3月20日(月・祝)
開催場所 国立科学博物館(東京・上野公園)
日本館1階 企画展示室
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)
*入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日 毎週月曜日、12月28日(水)~1月1日(日)、
1月10日(火)
ただし、12月26日(月)、1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)、2月13日(月)、3月20日(月・祝)は開館
入館料 一般・大学生:620円(20名以上の団体は310円)
高校生以下・65歳以上:無料
主催 国立科学博物館、
花粉問題対策事業者協議会(JAPOC)
後援 文部科学省、農林水産省、経済産業省、環境省

アクセス

独立行政法人国立科学博物館
所在地 東京都台東区上野公園 7-20
お問合せ (ハローダイヤル) 03-5777-8600
国立科学博物館アクセスマップ

花粉の誕生から花粉症まで 4つのゾーンで紹介!

花粉の誕生~植物にとっての花粉~

花粉の誕生~植物にとっての花粉~ここでは植物の進化と花粉の誕生について紹介します。花の形は、花粉を運んでもらう様式と関係があります。また、花粉の形も実にさまざまです。模型や電子顕微鏡などで見てみましょう。

花粉は語る~花粉から何がわかるのか?~

花粉は語る~花粉から何がわかるのか?~堆積物に埋没して保存された花粉化石を調べることによって、過去の植生や環境を知ることができます。花粉分析によって、古植生や気候変動などを推定する研究を紹介し、花粉分析に用いられる独特の研究用具やその手法を紹介します。

花粉と人類~花粉のもつ2つの顔~

花粉と人類~花粉の持つ2つの顔~人間の蜂蜜としての花粉の食歴は紀元前に遡り、生薬やサプリメントにも用いられ、人間にとって花粉は薬や栄養源にもなります。一方で、花粉が引き起こす花粉症は人間を苦しめています。花粉症の原因と歴史、花粉症研究の歴史とともに、世界で花粉症を引き起こす植物を紹介します。

花粉症の対策~花粉生成・飛散から予防・治療の最前線まで

花粉症の対策~花粉生成・飛散から予防・治療の最前線まで花粉の影響段階ごとに「生成」「飛散」「曝露」「発症」の4つに分けて紹介します。無花粉スギや花粉生成・飛散の予測に関する研究、花粉が付着しにくい衣服やマスク・メガネ・空気清浄機などの開発がなされています。花粉症の予防や治療など、最新の医療分野での研究も紹介します。

関連講演会

やさしく説明:JAPOCカンファレンス/上野KAHAKU – 2017

第1回 1月22日(日)※終了しました
花粉症対策の展示内容をJAPOCが詳しく語る
~花粉症対策の考え方~
第2回 1月28日(土)※終了しました
花粉飛散防止に向けた取組~スギ花粉発生源対策~
第3回 2月5日(日)※終了しました
花粉症の治療、ここに注目、ここが重要!!
NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会提供「第4回花粉症・市民講座」
第4回 2月25日(土)※終了しました
花粉症対策のこれまでを聴き、その未来を探る

会場国立科学博物館 日本館2階講堂

時間13:00~15:00

定員100名

申込申込及びお問い合わせ先はこちらをご覧ください。

備考常設展示入館料は別途必要です。
(一般・大学生620円、高校生以下・65歳以上は無料)