バックナンバー

特別プレゼントの情報は、配信のメールマガジンのみに掲載しております。

第836号

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

               

  科博メールマガジン第836号

    発行日:2019年8月22日

   http://www.kahaku.go.jp/

      

 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻

     

 先週末から日本館1階中央ホールにて、台湾から与那国島への航海に成功し

た丸木舟(スギメ)の展示が始まりました。その他にも実験航海の際の記録等

をパネルで紹介しています。スギメがゴールしたときの感動を思い出すことが

できますので、ぜひお立ち寄りください。

    

     

      

 ※ このメールマガジンは等幅フォントでご覧ください。

     

      

▼- 目 次 -▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼-▼

       

 ■ エッセイ       「いよいよ開催、博物館の世界大会ICOM

                             Kyoto 2019」

 ■ ボランティアだより  「自然教育園で一句」

■ お知らせ 

■ 科博関連メディア情報

   

       

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ エッセイ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

 いよいよ開催、博物館の世界大会ICOM Kyoto 2019

   

            

                    理工学研究部 若林 文高                     

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

     

 9月1日(日)から7日(土)まで、京都市左京区の京都国際会館で第25回

ICOM(国際博物館会議)京都大会2019が開催されます。ICOMは、博物館や美術

館など “ミュージアム”に関する世界最大で、かつ唯一の国際的非政府組織

で、専門分野別の30の国際委員会(IC)と国別の119カ国の国内委員会などか

ら構成されています。3年に1度世界大会を開催し、日本では初めての開催にな

ります。

   

 今回は「文化をつなぐミュージアム−伝統を未来へ−」が全体テーマで、世

界から3千人以上の参加があります。科博は、理工系博物館のICであるCIMUSET

と自然史系博物館のICであるNATHISTを担当します。3年前にイタリアで開催さ

れたミラノ大会への参加から準備が始まり、世界大会の合間の2年間に毎年個

別に開催されるICの年次大会に参加するなど準備を進めてきました。私と科学

技術史グループ長の前島正裕が担当するCIMUSETの年次大会は、モロッコのラ

バト(2017年)とカナダのオタワ(2018年)で開催され、京都への関心が高い

ことが実感されました。

                    

 実は、会場の京都国際会館は、私が40年ほど前の学生時代に下宿していた

場所から徒歩10分ほどで、当時は京都駅からバスで1時間ほどかかり、周りは

一面が田んぼでした。その後地下鉄が開通し、京都駅に20分で行けるように

なり急速に住宅地が広がりました。今回、下見などで訪れて、目の前に比叡

山が大きく見えるなど環境は非常に良く、外国からの参加者にも京都“市内”

とはひと味違った良さを感じていただけると思いました。

            

ICOMについて

https://icom-kyoto-2019.org/jp/index.html

             

                              

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 自然教育園だより ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       

 自然教育園で一句

       

                 

                      自然教育園 宮尾 友子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             

 最近俳句を詠むことがテレビ番組などで取り上げられ、話題になっています

が、自然教育園でも、俳句作りに訪れるお客様の姿をよく見かけます。

自然教育園は都心ではあまり見られない日本古来の植物に出会える貴重な場所

で、園内を歩きながら季節の移り変わりを感じる中で俳句が思い浮かぶとおっ

しゃっていました。

      

 自然教育園内で、これから秋口にかけて見られる8月の季語にあたる動植物を、

いくつか紹介したいと思います。

       

 まずは植物から。

クサギ、クワ(ヤマグワ)、エビヅル、ノブドウ、ミョウガ、クズの花、フジ

バカマ、ミソハギ、ツリガネニンジン、ミズヒキの花、ツリフネソウ、ツユク

サ、ミゾソバ、アカネ、タデの花・赤のまんま(ハナタデ、イヌタデなど)、

ハギ(ヤマハギなど)

    

 続いて、昆虫・鳥。

ヒグラシ、ツクツクボウシ、カネタタキ(鳴き声が鉦(かね)を叩く音に似て

いる)、ウマオイ(キリギリス科の昆虫で夜行性「スイッチョ」と鳴く)、

カンタン(「ルルルル」と鳴く)、タカ(「鷹の山別(たかのやまわかれ)」

タカの子が巣立ちし親鳥と別れること)

    

 また、自然教育園では、去年に続いて今年もオオタカが繁殖に成功し、2羽

のヒナが巣立ちました。現在展示ホールで、オオタカの子育てから巣立ちまで

の記録映像を放映しています。

   

 しばらく暑い日が続きますが、一足早い秋を探しに、自然教育園を訪れてみ

てはいかがでしょうか。一句浮かぶかもしれません。

        

                                        

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

科博NEWS展示 「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」速報展示

黒潮を越えた丸木舟 〜台湾→与那国島 航海の全記録〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   

    

 7月9日、丸木舟を漕いで台湾から与那国島へ渡る実験航海に成功しました。

実験航海に使用した丸木舟(スギメ)を東京にて初公開します。 

         

        

[開催期間]2019年8月16日(金)〜9月8日(日)

[会  場]日本館1階中央ホール 

     

 詳しくは下記をご覧ください。

https://www.kahaku.go.jp/research/activities/special/koukai/index.php#sugime

     



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

約80年ぶりに日本で発見された鉄隕石 「長良隕鉄」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   

    

 約80年ぶりに日本で発見された鉄隕石「長良隕鉄」公開!

昨年2月に国際隕石学会に登録された新しい日本の鉄隕石「長良隕鉄」を夏休

み期間限定(8/9-9/1)で展示します。

長良隕鉄1号と2号の両標本が公開されるのは東日本では初めてです。

また切断面を磨いた研究用試料も展示いたします。



[開催期間]2019年8月9日(金)〜9月1日(日)

[会  場]日本館3階 変動する日本列島内、日本に落下した隕石コーナー  



詳しくはこちら

http://www.kahaku.go.jp/event/2019/08nagara_meteorite/nagara_meteorite.pdf





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

科学史講座(通史編)「科学の専門分化と「科学者」の誕生」<参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  

 自然科学の歴史を古代から現代までたどる連続講義の第7回です。

今回は、物理学や化学など個別分野を専門とする「科学者」登場の過程を扱い

ます。

※この講座は全12回の構成ですが、内容は各回ごとに完結しています。

      

[開催日時]2019年10月11日(金)18:30〜19:30

[会  場]地球館3階講義室

[講  師]理工学研究部 有賀 暢迪

[申込方法]WEBまたは往復はがき(9/23締切・消印有効)

[定  員]50名

[対  象]どなたでも(内容は高校生以上を対象としております)

     

 詳しくは下記をご覧ください。

https://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001564467996499

     

  

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

プレミアムトーク「日本人とカニ」          <予告>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      

 日本には約1100種のカニが生息しています。

日本人がどのようにカニに関わり、利用してきたか考えてみましょう。



[開催日時]2019年8月30日(金)17:00〜17:45(予定)

[会  場]地球館2階

[講  師]動物研究部 小松 浩典

[定  員]15名(先着順)

[対  象]中学生以上

[備  考]集合場所で始まる15分前から受付を開始します。

             

詳しくは下記をご覧ください。

https://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001564628358921

           

           

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

  

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

特別展「恐竜博2019」                 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     

 肉食恐竜デイノニクスの貴重なホロタイプ標本をはじめ、謎の恐竜デイノ

ケイルスや日本恐竜研究史上最大の発見である「むかわ竜」などを紹介。

恐竜学の歩みとその最前線を展望します。

     

 [開催期間] 2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)

      

 詳しくは下記をご覧ください。

 https://dino2019.jp/

    

            

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

科博NEWS展示 「1889年明治熊本地震

             −130年前に始まった地震被害調査−」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   

    

 1889年(明治22年)7月28日に熊本県で大きな被害をもたらした地震が

発生してから、今年で130年となります。

 日本において「地震学」が始まってから、初めて本格的な被害調査が行われ

た地震です。本展では、当時の写真や調査ノートなどの資料を展示し、パネル

解説で紹介します。

    

[開催期間]2019年7月23日(火)〜9月1日(日)

[会  場]日本館1階南翼  

        

 詳しくは下記をご覧ください。

 http://www.kahaku.go.jp/event/2019/07meiji_kumamoto/meiji_kumamoto.pdf

       

         

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「アイヌと北海道に住む生き物たち」:パネル展示 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

 大人気冒険活劇漫画「ゴールデンカムイ」の中から、動物たちの登場する

場面を取り上げ、アイヌの人々がどのように動物と関わってきたかを紹介し

ます。

     

 [開催期間] 2019年7月17日(水)〜8月29日(木)

 [会  場] 地球館1階 オープンスペース

     

       

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本博公式企画「四季と生き物たち(写真展)」:自然教育園  

  <もうすぐ会期終了>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   

         

 自然教育園は、都会のオアシスともいえる貴重な森林があります。

その自然の四季折々の変化を捉えた写真を展示することで、春夏秋冬の変化に

富んだ日本の自然のすばらしさをお伝えします。

      

[開催期間]2019年6月8日(土)〜8月25日(日)

[会  場]自然教育園 展示ホール  

      

 詳しくは下記をご覧ください。

 http://www.ins.kahaku.go.jp/exhibition/data/151286.pdf 

        



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

科学史講座(通史編)「ニュートンとニュートン主義」   <参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  

 自然科学の歴史を古代から現代までたどる連続講義の第6回です。

今回は、ニュートンの行ったさまざまな研究と、次の時代にもたらした影響を

紹介します。

※この講座は全12回の構成ですが、内容は各回ごとに完結しています。

        

[開催日時]2019年9月13日(金)18:30 〜 19:30

[会  場]地球館3階講義室

[講  師]理工学研究部 有賀 暢迪

[申込方法]WEBまたは往復はがき(8/25締切・消印有効)

[定  員]50名

[対  象]どなたでも(内容は高校生以上を対象としております)

       

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001559029594757

       

       

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

産業技術史講座「時計(クロック)技術の系統化調査」   <参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    

 平成30年度の技術の系統化調査をもとに、時計(クロック)の技術開発の歴史

について、紹介します。

           

[開催日時]2019年9月28日(土)14:00〜16:00

[会  場]地球館3階講義室

[講  師]前国立科学博物館産業技術史資料情報センター主任調査員

      鈴木 哲郎

[申込方法]WEBまたは往復はがき(9/8締切・消印有効)

[定  員]40名

[対  象]高校生以上

       

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001562037218518

        

         

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自然史セミナー「ハギの仲間の植物」:自然教育園    <参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   

 ハギの仲間は、山野に自生しているとともに庭園にも多く植えられています。

日本には、ヤマハギ、ツクシハギ、キハギなどの8種の野生種が分布し、その

一部は庭園などで栽培され、その野趣に富んだ風情が喜ばれています。また

ミヤギノハギやシラハギなどの栽培品種もよく植えられています。秋の花の

代表ともいえるハギの仲間について、日本の野生種を中心に花のかたちや分布

などについて解説します。

         

[開催日時] 2019年9月7日(土)14:00〜15:00

[会  場] 自然教育園 2階講義室

[講  師] 植物研究部 秋山 忍

[申込方法] WEBのみ

[定  員] 40名(事前申し込み、先着順)

[対  象] 中学生以上

      

       

申込・詳細は自然教育園ホームページをご覧ください。

http://www.ins.kahaku.go.jp/

       

         

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自然史観察会「鉱物観察会」               <参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       

 地球という惑星を構成する物質の基本単位を知り、地球の成り立ちを考えます。

           

[開催日時]2019年10月6日(日)12:10 〜 14:40

[会  場]日光市横沢周辺

[集合場所]野岩鉄道男鹿高原駅

[講  師]名誉研究員 松原 聰、地学研究部 宮脇 律郎、門馬 綱一

[申込方法]WEB受付は9/1締切。往復はがき受付は9/8締切。(消印有効)

[定  員]25名

[対  象]高校生以上

[費  用]保険料50円

         

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001562049019607

                   

    

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「君は、レプリカのホントを知っているか?」:筑波研究施設  

                            <参加者募集>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      

 中学生・高校生向けのレプリカ作成講座を開催します。レプリカ作成を「レ

プリカ学」という学問分野としてとらえ、座学と実習を通して、化石のレプリ

カが古生物の進化史を読み解くための重要な研究標本であることを学びます。

     

[開催日]中学生:2019年9月22日(日)、高校生:2019年9月23日(月・祝)

[会 場]国立科学博物館 筑波研究施設   

      

 プログラムの詳細(pdf)はこちら。

 https://www.jsps.go.jp/hirameki/19ht0000/19ht0106.pdf

    

お申し込みはこちら(外部サイト)

中学生:https://area18.smp.ne.jp/area/card/10251/D6QTFG/M?S=pdtht0qco0k

高校生:https://area18.smp.ne.jp/area/card/10251/cjaaAa/M?S=pdtht0qcp0k

     

 同講座は、科研費によって行われた研究成果を体験してもらう「ひらめき☆

ときめきサイエンス ―ようこそ大学の研究室へー」というプログラムの一部

として実施します。

   

〇Twitter でも最新情報を配信しています。 

https://twitter.com/replica_kakari   

    

            

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

UENO WELCOME PASSPORT−上野地区文化施設共通入場券−販売中

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      

 上野地区の文化施設をお得に楽しめる共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」

を、4月1日から販売しています。このパスポートで、13施設の常設展等に各

1回入場できるほか、「特別展チケット」が付くタイプでは指定の特別展から

1つを選びご観覧いただけます。ぜひご利用ください。

      

[販売・利用期間]2019年4月1日(月)〜 9月30日(月)

      

 詳しくは下記をご覧ください。

https://ueno-bunka.jp/news/welcome2019s/

      

           

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

10月利用分の入室整理券について:親と子のたんけんひろば コンパス

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

            

 地球館3階「親と子のたんけんひろば コンパス」では、8月の事前申込み・

発券対象日の入室整理券に残数があるため、入室希望日前日まで先着販売を

行っています。

 なお、9月1日(日)までは夏休み期間として、平日も含めた全ての日が事前

申込み・発券の必要な日となりますので、ご注意ください。

       

また、10月の入室整理券の一次抽選受付は8月25日(日)からです。

      

事前申込み・発券の対象日、お申込みの詳細は下記をご覧ください。

 http://www.kahaku.go.jp/learning/compass/

      

         

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

国立科学博物館公式SNS更新中!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    

 上野本館の情報を中心に、科博の「今」をお届けしています。

ぜひご覧ください!

    

Facebook: https://www.facebook.com/NationalMuseumofNatureandScience

Twitter: https://twitter.com/museum_kahaku

Instagram: https://www.instagram.com/kahaku_nmns/    

    

    

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自然教育園見ごろ情報

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    

 園内の植物、鳥、昆虫等の見ごろ情報を毎週更新して紹介しています。

   

 http://www.ins.kahaku.go.jp/season/index.php

    

     

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自然と科学の情報誌「milsil(ミルシル)」70号 発売中

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

         

 今号の「特集」と「親子で遊ぼう! 科学冒険隊」のテーマは、どちらも

「プランクトン」。プランクトンの観察法を学んで、夏休みの自由研究に活用

してみるのはいかがでしょうか? この夏はぜひ、生態系を支える水の中の小

さな生き物たちに注目してみてください。

    

 定 価 :420円(税込)    

 発行日 :2019年7月1日

         

 定期購読やお得な会員制度など詳細については下記をご覧ください。

 http://www.kahaku.go.jp/userguide/book/milsil/index.html 

 http://www.kahaku.go.jp/userguide/repeater/index.html  (友の会)

         

     

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

科博のイベント情報紙「kahaku event」8−9月号発行!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     

 情報紙「kahaku event」(年6回 A4サイズ 6ページ)は、展覧会や開

催予定のイベントなどについてご紹介しています。国立科学博物館の各施設内

で無料で配布している他、下記ページからもダウンロードすることができます。

ご来館や、イベント参加の計画をたてる際などにご活用ください。

(友の会会員には郵送でお届けします。)

    

 http://www.kahaku.go.jp/event/kahakuevent/

   

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 科博関連メディア情報 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○ NHK Eテレ 「天才てれびくんYOU」(※7月4日放送回の再放送)

      

8/22日(木)午後6時20分〜

      

真鍋 真コレクションディレクター出演。

地球館地下1階展示室より生中継でお送りします。

      

       

○ NHK Eテレ 「575でカガク!」

       

8/29(木)午後9:00〜9:30「恐竜」 

       

真鍋 真コレクションディレクターが出演。

特別展「恐竜博2019」会場より恐竜がテーマの俳句を読み解きます。

 

   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    

★ メール募集中 ★

 

 科博に関する思い出、展示の感想など皆様からのメールをお待ちしておりま

す。(ご感想などについては、このメールマガジンにて紹介させていただくこ

とがあります。なお、お名前は公表しません。)

 

 宛先: magazine@kahaku.go.jp

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           

 ◆編  集:国立科学博物館 事業推進部 広報・運営戦略課

 ◆発  行:国立科学博物館

       東京都台東区上野公園7−20

 ◆お問合せ:magazine@kahaku.go.jp

 ◆登録解除:ホームページの登録解除フォームに、ご登録いただいたメール

       アドレスをご入力ください。

       http://www.kahaku.go.jp/userguide/mailmagazine/index.html

 ◆登録変更:メールアドレスの変更は、ホームページからお手続きください。

       http://www.kahaku.go.jp/userguide/mailmagazine/index.html

◆個人情報:当館が取得した個人情報の取扱については、下記URLをご覧ください。

       http://www.kahaku.go.jp/policy/index.html

  現在、ご登録いただいているメールアドレスは ##e_8## です。