>> 植物研究部「私の研究」一覧へ戻る

陸上植物研究グループ
あきやま  しのぶ
秋山 忍研究主幹
世界の屋根と呼ばれるヒマラヤ山脈
そこは植物の宝庫

研究員に聞いてみました
1)専門は何ですか?
ヒマラヤや東アジアで著しい多様性を示す被子植物の特徴と分類について研究しています。
2)研究者になろうと思ったきっかけは何ですか?
大学生になって、身近な山野にも、なぜこんなにも違ういろいろな植物があるのかに興味をもったのがきっかけでした。
3)最近の研究活動で、最も興味深かった出来事は何ですか?
ヒマラヤの国、ネパールからはこれまでに80種ものユキノシタ属植物が発見されているのに、新たに調査を行うごとに未知の種が見つかるのには、とても驚きます。
4)研究者になりたい方に一言アドバイスを!
よい研究をしても、それを第三者に伝えることができなければ、よい研究者にはなれません。科学の世界の共通語である英語での口頭発表や論文発表ができるよう、情報発信のための技術をみがいてください。
ダウンロード
このサイトの著作権は国立科学博物館が有します。記載内容を許可なく複製、使用することを禁じます。Copyright(c) 1997-2010 National Museum of Nature Science, Tokyo. All Rights Reserved.