国立科学博物館 外観
【国立科学博物館(上野本館及び自然教育園)再開のお知らせ】(2020年6月12日更新)

上野本館と自然教育園は、6月1日(月)より再開いたしました。なお、上野本館では、入館を予約制とさせていただきます。詳細は以下をご覧ください。
上野本館再開のお知らせ
自然教育園再開のお知らせ

開館状況

7月11日は開館日です。

上野本館の休館日

6月
8日、15日、22日、23日、24日、25日、26日、29日
7月
6日、13日

休館における最新情報はこちらをご覧ください。

上野本館利用案内

  • アクセス
  • 入館料
  • フロアマップ
  • ミュージアムショップ
  • レストラン・休息所
  • 展示ナビ
  • 友の会
  • バリアフリー

特別展・企画展

研究室コラム

生痕化石

図.白浜層産Asteriacites quinquefoliusと現生ヒトデの観察(Ishida et al. 2019)

恐竜の足跡のように、生物の本体ではなく生物が残した痕跡が化石になることがあり、それらは生痕化石と呼ばれます。星形の生痕化石はその形からヒトデが残した痕跡であると考えられています。
その一種であるアステリアサイテス・クインクエフォリウスが日本から初めて発見されました。ヒトデがどのようにこの形の痕跡を残したのかを明らかにするために、生きたヒトデの行動を観察しました。化石の成因を理解するのに、現生の動物の研究が大いに役立ちます。(動物研究部:藤田敏彦)

「研究室コラム」バックナンバー

寄付のお願い