国立科学博物館 自然教育園

画像

ホトトギス
 ユリ科
路傍植物園や武蔵野植物園のやや半日陰で9月下旬から咲き始めます。おもしろい名前は、花にはいった紫色の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似るためです。茎には斜め上向きのやや硬い毛を密生し、葉も両面にビロード状の毛がたくさんあります。8月から咲きだすヤマホトトギスの毛が少ないのとよい区別点になります。花の白いシロバナホトトギスも時々見られます。果実は3稜のある筒型で先が割れ中から格子模様のある微細な種子を出します。

閉じる