国立科学博物館 自然教育園

画像

ススキ
 イネ科
8月下旬から穂先に紫褐色で黄色い花粉袋をもった細かい花を咲かせます。漢字で芒(のぎ)とも書くように花後褐色の綿毛に包まれた種子には1本の長い毛があります。よく間違われるオギは10月から開花し、綿毛は銀白色でのぎはありません。秋の七草の尾花は本種のことで、日本では古くから年に1度の火入れ作業によって茅場という大きなススキ草原が人家の近くに作られてきました。屋根を葺くため必要だったのです。

閉じる