田中館の地震計


 物理学者で地球物理の研究にも力を注いだ田中館愛橘(1856-1952)が1900(明治33)年頃に作った低倍率の地震計です。 水平動2成分の記録にはワットの平行運動装置による振子を、また上下動には支点の軸に 渦巻バネ(ゼンマイ)を用いた振子を使うという、地震計の中では珍しい機構を備えています。倍率は等倍で、自然地震の観測用ではなく鉄橋など構造物の振動試験に用いられたようです。