上野本館
2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

は休館日です。
・カレンダーの日付をクリックすると、その日に行うイベント情報をご覧いただけます。
・「月」をクリックするとその月のイベントが、「曜日」をクリックするとその月のその曜日のイベントがご覧いただけます。

休館日のお知らせ

2月:
5、13、26日
3月:
4、11、18日
4月:
8、15、22日
関東大震災100年企画展「震災からのあゆみ −未来へつなげる科学技術−」関連イベント 上野本館
共催

主催:京都大学古地震研究会、国立科学博物館

協力:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
11/4(土)

みんなで翻刻してみた in 国立科学博物館

国立歴史民俗博物館/橋本雄太

立命館大学/濱野未来

東京大学/大邑潤三

東京大学/加納靖之

京都大学名誉教授/中西一郎

国立科学博物館/室谷智子

受付終了
関東大震災100年企画展「震災からのあゆみ」に展示されている文書や絵図の文字、読めますか?
「みんなで翻刻」を使って、様々な歴史資料を読んでみましょう!

「みんなで翻刻」は、京都大学古地震研究会が2017年1月にリリースした市民参加型のオンライン翻刻プロジェクト。当初は歴史上の地震に関する史料(東京大学地震研究所所蔵)を翻刻していましたが、2019年7月には、世界中のデジタルアーカイブが公開する史料を翻刻できるようになりました。また、リニューアルに合わせてAIによる翻刻支援機能も搭載しました。これまでにのべ8000人以上にご参加いただき、3000万文字以上をテキスト化しています。
時間 14:00〜16:10(受付開始13:30)

【当日のプログラム ※予定】
14:00〜15:00
・関東大震災100年企画展「震災からのあゆみ」の紹介
・「みんなで翻刻」の紹介
・翻刻1「あら嬉し大安日にゆり直す」を読んでみる
<15:00〜15:10 10分休憩 >
15:10〜16:10
・翻刻2 「地しんの辨」を読んでみる
・資料解説
会場 日本館2階 講堂
定員 120名(事前申込、先着順)
対象 どなたでもご参加いただけます。

(初めて翻刻に触れる方でも大丈夫です。)

費用 無料(常設展示入館料が別途必要です)
備考 ※定員に達し次第締切となります。
※メールにて参加票をお送りいたしますので、当方からのメールをお受け取りいただけるよう、メールアドレスの登録はお間違えの無いようお願いいたします。また、迷惑メール対策などの受信設定のご確認をお願いいたします。
URL https://www.kahaku.go.jp/event/2023/09earthquake/
締切日 10月30日 (月) ※締切を延長しました。
申込方法 受付は終了しました。
お問い合わせ 国立科学博物館 事業推進部 企画展示課 企画展担当  Mail:kikakuten@kahaku.go.jp