すべての会場
11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
・カレンダーの日付をクリックすると、その日に行うイベント情報をご覧いただけます。
・「月」をクリックするとその月のイベントが、「曜日」をクリックするとその月のその曜日のイベントがご覧いただけます。

休館日のお知らせ

11月:
上野本館…5、11、18、25日
筑波実験植物園…5、11、18、25日
附属自然教育園…5、11、18日
12月:
上野本館…2、9、16、23、28、29、30、31日
筑波実験植物園…2、9、16、23、28、29、30、31日
附属自然教育園…16、23、28、29、30、31日
1月:
上野本館…1、6、14、20、27日
筑波実験植物園…1、2、3、4、6、14、20、27日
附属自然教育園…1、2、3、4、6、14、20、27日
トークショー 上野本館
1/20(土)

「標本を集め、調べ、継承する意味:カビから恐竜まで」

標本資料センター/真鍋 真
標本資料センター・植物研究部/細矢 剛
受付終了
 国立科学博物館では、多数の標本・資料を集め、調べ、継承しています。でも、標本をいっぱい集めて何に使うのでしょう?古い標本が役に立つことってあるのでしょうか?その活動をもっとよく知っていただくために、収蔵庫の一部に展示や学習機能を設けた「収蔵展示」という次世代型の収蔵庫の計画を現在科博では検討しています。
 そこで、新しい年を迎えるにあたって、博物館の基本的な役割である「標本集め」の意味を、常設展や企画展とも関連つけながら考えます。
 カビから恐竜まで、さまざまな視点から標本を集め、調べている二人の研究者が語ります。当日はアンケート調査も実施しますのでご協力をお願い致します。
※1月19日に実施するトークショーと同内容です。
時間 15時30分〜16時30分
会場 地球館 3F講義室
定員 50名
対象 どなたでも
締切日 1月12日 (定員になり次第締め切ります)
申込方法 定員に達したため受付は終了しました
お問い合わせ 〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1 国立科学博物館 研究支援・外部資金担当:gaibushikin@kahaku.go.jp