賛助会員について

賛助会員ご入会のお願い
独立行政法人国立科学博物館は、明治10年の創業以来、わが国唯一の国立の科学系博物館として、社会の要請に応え、博物館機能を充実・強化し、平成13年には独立行政法人となって現在に至っております。

当館は、自然や科学技術に関する展示活動や学習支援活動を通じて、自然や科学を身近に感じていただくとともに、人々に地球や生命、科学技術のあり方について考えていただく場所として幅広く事業を展開しています。これからの活動を通じて新たな展示や学習支援活動の開発や普及にも努めております。

また、自然・科学技術に関する、貴重な標本資料を収集・保管・公開するとともに、その調査研究を通じて、学術研究の進展に寄 与しています。
生物多様性の保全や、科学技術の高度化等が求められる中で当館は、事業の改善・工夫とともにそれを支える経営の合理化を 進めております。

あわせて、「独立行政法人国立科学博物館賛助会員制度」によるご支援によって次のような各種の事業を実施しております。

(1)青少年の自然科学等への幅広い興味・関心の向上に関する事業。
(2)地域博物館と連携したイベントの実施。
(3) 標本資料の保存・修復等。

「独立行政法人国立科学博物館賛助会員制度」を通じて、これらの事業の充実を図って参りたいと考えております。なにとぞこの趣旨にご賛同いただき、皆様方のご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

独立行政法人 国立科学博物館長


賛助会費を使った活動
会費は地域博物館等と連携した様々な活動に役立てており、当館の博物館活動の充実に寄与しています。

詳細は「国立科学博物館 賛助会費を使った諸活動」(PDF:1.4MB)をご覧ください。