■ 化石芸術
+■古生代の生痕化石
+

PREV<   1 |    






踊る三葉虫 II
(Trilobite Pirouette II)
カンブリア紀後期(約5億1500万年前)
スペイン産
220cm x 90cm




 この標本は前ページ20aの左側につながるものです。
2つの標本をつなげると、上部の輪を除き、1匹の三葉虫が何度も旋回してつくったことがわかります。三葉虫はその体のつくりから、横に急に曲がることには不向きで、このように大きな円弧を描きながらエサを取る習性のあることがわかります。




PREV<   1 |    



第一部 化石芸術  バーチャル展示室 B2F      第二部 アンモナイトの美と科学  バーチャル展示室 B3F