>> 地学研究部「私の研究」一覧へ戻る

 
よこやま  かずみ
横山 一己部長
砂の世界

研究員に聞いてみました
1)専門は何ですか?
岩石学です。当初は、変成岩の研究でしたが、現在は、堆積岩の研究が主体です。
2)研究者になろうと思ったきっかけは何ですか?
物理学に進むと中学で決めていましたが、高校にはいると地学クラブに誘われ、最終的に地学の研究者になりました。多分、惰性でなったのでしょう。
3)最近の研究活動で、最も興味深かった出来事は何ですか?
トルコの土器がどこで作られたかを砂の研究と同様な方法で調べていました。砂の研究が、ヒッタイトや鉄器文化の広がりを調べる上で重要であると知らされました。
4)研究者になりたい方に一言アドバイスを!
子供の時から興味を持つ人もいれば、いろいろな経験をした後に研究者になる人がいます。後悔しないように何事にも熱意があることが重要でしょう。
ダウンロード
このサイトの著作権は国立科学博物館が有します。記載内容を許可なく複製、使用することを禁じます。Copyright(c) 1997-2010 National Museum of Nature Science, Tokyo. All Rights Reserved.