>> 地学研究部「私の研究」一覧へ戻る

環境変動史研究グループ
たにむら  よしひろ
谷村 好洋グループ長
ミクロな化石と地球環境

研究員に聞いてみました
1)専門は何ですか?
古生物学です。特に、プランクトン珪藻の変遷と地球環境変動との関連について研究しています。
2)研究者になろうと思ったきっかけは何ですか?
プレートテクトニクスに興味をもち、大学で地質学を学びました。その後、大学院で深海底コアに含まれる珪藻化石を用いて地球環境を復元する研究を始めました。
3)最近の研究活動で、最も興味深かった出来事は何ですか?
白亜紀の化学合成化石群集をつくる炭酸塩岩から保存の良い珪藻化石が見つかりました。 日本列島からの白亜紀珪藻化石の報告は数件です。(新生代の化学合成化石群集が日本館3階に展示されています)
4)研究者になりたい方に一言アドバイスを!
多くの人が“おもしろい”と思うテーマを見つけてください。
ダウンロード
このサイトの著作権は国立科学博物館が有します。記載内容を許可なく複製、使用することを禁じます。Copyright(c) 1997-2010 National Museum of Nature Science, Tokyo. All Rights Reserved.