>> 地学研究部「私の研究」一覧へ戻る

環境変動史研究グループ
 かせ    ともき
加瀬 友喜研究主幹
貝の化石から生物進化の謎に迫る

研究員に聞いてみました
1)専門は何ですか?
貝化石を用いた進化古生物学が専門です。地球環境と化石群の変遷から、熱帯の海の生態系の進化を研究しています。
2)研究者になろうと思ったきっかけは何ですか?
高校生時代、通学路近くにある崖に露出する地層と貝化石を見て、古生物学に興味を持ちました。将来は化石に関わる仕事をしたいと思い、大学では地質と古生物学を専攻しました。
3)最近の研究活動で、最も興味深かった出来事は何ですか?
もうかなり前のことですが、貝類進化史のある謎を解くため、唯一の生きた化石種の貝を探しにフィリピンの未開の地を旅しました。最後にスルー海の孤島でその貝の生体を見つけ、すべての謎が解けた時の感動は今でも忘れられません。
4)研究者になりたい方に一言アドバイスを!
化石の研究者になるには、古生物学の研究室がある大学に進学し、もし研究者に向いていると思えば自分を信じ、あきらめないことです。
ダウンロード
このサイトの著作権は国立科学博物館が有します。記載内容を許可なく複製、使用することを禁じます。Copyright(c) 1997-2010 National Museum of Nature Science, Tokyo. All Rights Reserved.