>> 人類研究部「私の研究」一覧へ戻る

 
みぞぐち  ゆうじ
溝口 優司部長
顔かたちの違いは
偶然にできたのか?

研究員に聞いてみました
1)専門は何ですか?
あえて言えば、形質人類学という、ヒトがどのようにして生じ、どのようにして現在のような姿形になったのか、ということを探る学問分野が一番近い分野です。
2)研究者になろうと思ったきっかけは何ですか?
小学校高学年で岩石・鉱物に、中学校で化石や骸骨に、そして高校で「存在と無」「同一律」に心が傾いて、対象をヒトにする生物学的な研究にのめり込んでしまいました。
3)最近の研究活動で、最も興味深かった出来事は何ですか?
ここに紹介した結果を去年、36年越しで、自分自身で発見したことが、私にとっては最も大きな出来事でした。
4)研究者になりたい方に一言アドバイスを!
一番やりたいことをやる、やれるように努力する、ということでしょうか。
ダウンロード
このサイトの著作権は国立科学博物館が有します。記載内容を許可なく複製、使用することを禁じます。Copyright(c) 1997-2010 National Museum of Nature Science, Tokyo. All Rights Reserved.