佐野 貴司 Takashi Sano

学会発表

  • 佐野貴司,谷健一郎,河野礼子,楠橋直,タウンタイ,井正成,2017.ミャンマーのポッパ火山の西麓でイラワジ層を覆う凝灰岩.第71回日本人類学会大会:S3-2,2017年11月4日,東京大学本郷キャンパス.
  • 佐野貴司,栗谷豪,栗岩薫,谷健一郎,中川光弘,2017.西之島マグマへのスラブ影響.日本火山学会2017年秋季大会:A2-01,2017年9月21日,熊本大学.
  • 佐野貴司,横山一己,海部陽介,2016.サンブンマチャン(ジャワ島)の地質構造と原人化石の出土層位.第70回日本人類学会大会:S2-1,2016年10月8日,NSG学生総合プラザSTEP,新潟市.
  • 谷健一郎,坂本泉,飯島さつき,小栗一将,門馬大和,佐野貴司,中野幸彦,宮嶋優希,2017.カメラ付ドレッジシステムを用いた海底調査の試みA:オントンジャワ海台KR16-04航海・KH-17-J01航海. ブルーアースシンポジウム2017, BE17-P22,2017年3月2日,日本大学駿河台キャンパス.
  • Sano, T., T. Hanyu, M. L. G. Tejada, S. Shimizu, M. Nakanishi, A. A. P. Koppers, I. Kumagai, J. Geldmacher, W. W. Sager, 2016. Magma genesis of Ojin Rise Seamounts, Northeast of Shatsky Rise. American Geophysical Union Fall Meeting DI11A–2328, December 12, 2016, San Francisco, USA.
  • Suzuki, T., S. Kiyokawa, T. Sano, M. Ikehara, 2016. Stratigraphic and geochemical characteristics of banded iron formation of 0.7 Ga in El Dabbah, Eastern Egypt. American Geophysical Union Fall Meeting V13A–2828, December 12, 2016, San Francisco, USA.
  • Yoshimaru, S., S. Kiyokawa, T. Ito, M. Ikehara, K. Horie, M. Takehara, T. Sano, F. K. Nyame, G. M. Tetteh, 2016. Stratigraphy and age of Paleoproterozoic Birimian volcaniclastic sequence in the Cape Three Points area, Axim-Konongo (Ashanti) Belt, southwest Ghana. American Geophysical Union Fall Meeting V13E–2899, December 12, 2016, San Francisco, USA.
  • 鈴木大志、清川昌一,池原実、佐野貴司,東エジプトEl Dabbah 地域における7億年前の縞状鉄鉱層の特徴,日本地質学会123年学術大会:R22–O–9,2016年9月12日,日本大学文理学部キャンパス.
  • 清水祥伽,中西正男,佐野貴司,北太平洋,応神ライズ海山群の地殻構造,地球惑星科学連合2016年大会:SCG–59–10,2016年5月25日,千葉幕張メッセ.
  • 鈴木大志、清川昌一,池原実、佐野貴司,マヘル ダウッド,アブエルハッサン モハメッド,東エジプトEl Dabbah地域における縞状鉄鉱層の層序,地球惑星科学連合2016年大会:BPT–05–P12,2016年5月25日,千葉幕張メッセ.
  • 吉丸慧,清川昌一,伊藤孝,池原実,堀江憲路,竹原真美,佐野貴司,N. K. Frank, T. M. George, ガーナビリミアングリーンストーン帯ケープスリーポイント地域の地質構造及び層序の復元と堆積年代について,地球惑星科学連合2016年大会:BPT–05–11,2016年5月25日,千葉幕張メッセ.
  • 石川晃,宇都宮敦,越田渓子,M. L. G. Tejada,小宮剛,鈴木勝彦,佐野貴司,オントンジャワ海台玄武岩の強新鉄元素多様性,地球惑星科学連合2016年大会:SGC–50–03,2016年5月22日,千葉幕張メッセ.
  • 佐野貴司,山下 茂,中央海嶺玄武岩ガラス中の揮発性元素およびハロゲンから推定されるメルト密度,混染,噴出場の効果:国際深海科学掘削計画1256サイトの例,地球惑星科学連合2016年大会:SIT–09–07,2016年5月23日,千葉幕張メッセ.
  • 鈴木大志,清川昌一,池原実,佐野貴司,エジプトEl Dabbah地域の7億年前の岩相変化とXRF分析,日本地質学会第122年学術大会:R22-P-7,2016年9月11日,信州大学長野キャンパス.
  • Ishikawa, A., T. Sano, R. Senda and K. Suzuki, 2014. Highly siderophile element mobility during Oceanic LIP Emplacements: Implications from subaerial and submarine basalts on Shatsky Rise. Goldschmidt Conference 2014 Abstract 1094, June 9, 2014, Sacramento, USA.
  • 前島正裕,佐野貴司,国立科学博物館における電気に関する新しい常設展示,電気学会電気技術史研究会資料:HEE-15-009, 5-10,2015年7月17日,千葉県立現代産業科学館.
  • 佐野貴司,羽生毅,テハダ マリア ルイザ,小嶋智子,土谷祐貴,梅田早織,清水祥伽,野村篤志,中西正男,三浦誠一,鈴木勝彦,清水健二,石川晃,平野直人,シャツキーライズ東方に位置する応神ライズ海山群のマグマ成因,ブルーアース2015:BE15-56,2015年3月20日,東京海洋大学.
  • 佐野貴司,中西正男,巨大海台掘削の成果と今後の展望,日本地球惑星科学連合2014年大会:MIS-32-19,2014年4月30日,パシフィコ横浜.
  • 藤永 希,佐野貴司,韓国Goseong地域の火山岩の実験岩石学,日本地球惑星科学連合2014年大会:SCG-61-P05,2014年5月2日,パシフィコ横浜.
  • 佐野貴司,長谷中利昭,島岡晶子,永井尚生,山崎芳弘,福岡孝昭,東北日本弧下の堆積物起源流体の深部への沈み込み:10Be-B-Baからの制約,日本火山学会2013年秋季大会:B2-09,2013年9月30日,福島県猪苗代町.
  • Tejada, M. L. G., K. Shimizu, K. Suzuki, T. Hanyu, T. Sano, M. Nakanishi, A. Ishikawa, Q. Chang, T. Miyazaki, Y. Hirahara, T. Takahashi, S. Nakai, and R. Senda, 2013. Post-emplacement alkalic volcanism on the Ontong Java Plateau revisited: Insights from Lyra Basin basalts, IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 3A-O3, July 23, Kagoshima, Japan.
  • Sano, T. and Y. Nishio, 2013. Lithium isotope evidence for direct assimilation of hydrothermal fluid to magma beneath oceanic large igneous provinces, IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 3A-O4, July 23, Kagoshima, Japan.
  • Hanyu, K. Shimizu, and T. Sano, Recycled material in magma sources of Shatsky Rise; noble gas evidence, IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 3A-O7, July 23, Kagoshima, Japan.
  • Sano, T., W.W. Sager, J. Geldmacher, A. A. P. Koppers, K. Heydolph, R. Almeev, T. Hanyu, and A. Delacour. 2012. What we have learned about Shatsky Rise Oceanic Plateau from IODP Expedition 324, American Geophysical Union Fall Meeting DI53A-2361, December 7, 2012, San Francisco, USA.
  • 佐野貴司,清水健二,石川晃,仙田量子,常青,木村純一,セイガー・ウィル,シャツキー海台のマグマ組成とその成因,日本地球惑星科学連合2012年大会:SGC-55-14,2012年5月23日,千葉幕張メッセ.
  • 石川晃,佐野貴司,仙田量子,鈴木勝彦,海台定置に伴う強親鉄性元素の挙動,地球惑星科学連合2012年大会:SGC-55-15,2012年5月23日,千葉幕張メッセ.
  • 安渡敦史,佐野貴司,IODP第324次航海によるシャツキーライズ掘削試料の解析結果:固体地球科学と白亜紀古海洋学における重要性,日本地球惑星科学連合2012年大会,M-IS27,2012年5月24日,千葉幕張メッセ.
  • 清水健二,清水ノブミチ,佐野貴司,松原典孝,セイガー・ウィル,玄武岩質ガラスの二酸化炭素、水含有量から推定される145Maシャツキーライズの隆起および沈降,日本地球惑星科学連合2012年大会:MIS27-P10,2012年5月24日,千葉幕張メッセ.
  • 松原 典孝,大賀正博,清水健二,佐野貴司,シャツキー海台タム山塊における火山砕屑岩類の堆積相,日本地球惑星科学連合2012年大会:MIS27-P12,2012年5月24日,千葉幕張メッセ.
  • 矢崎舞,平野直人,佐野貴司,マグマ分化から探る北西太平洋シャツキー海膨の形成過程:単斜輝石組成からの制約,日本地球惑星科学連合2012年大会:MIS31-P13,2012年5月24日,千葉幕張メッセ.
  • Sano T., K. Shimizu, A. Ishikawa, R. Senda, C. Qing, J-I. Kimura, M. Widdowson, and Expedition 324 Scientists, Magma Variety and Geochemical Stratigraphy of Shatsky Rise, American Geophysical Union Fall Meeting V51D-2537, December 9, 2011, San Francisco, USA.
  • Sager W.W., T. Sano, and J. Korenaga, The Shatsky Rise Supervolcano and the Formation of Oceanic Plateaus, American Geophysical Union Fall Meeting V54A-04, December 9, 2011, San Francisco, USA.
  • 佐野貴司,清水健二,石川晃,仙田量子,常青,木村純一,シャツキー海台のマグマ組成と層序,日本火山学会2011年秋季大会:B2-01,2011年10月3日,旭川市.
  • Almeev R.,, M. Portnyagin, T. Wengorsch, T. Sano, J.H. Natland, and D. Garbe-schoenberg, Highly depleted melt inclusions in olivine from Shatsky Rise, Goldschmidt Conference Abstract 426, August 16, 2011, Prague, Czech Republic.
  • Hunsen A., R. Almeev, K. Shimizu, T. Sano, J.H. Natland, J. Koepke, and F. Holtz, Geothermobarometry of basaltic glasses from Tamu massif, Shatsky Rise oceanic plateau, Goldschmidt Conference Abstract 1073, August 16, 2011, Prague, Czech Republic.
  • Sager W.W., T. Sano, and J. Korenaga, The Shatsky Rise supervolcano, Goldschmidt Conference Abstract 1775, August 17, 2011, Prague, Czech Republic.
  • Shimizu K., J-I. Kimura, Q. Chang, and T. Sano, Geochemical study of fresh volcanic glasses from ~145Ma Shatsky Rise, Goldschmidt Conference Abstract 1861, August 16, 2011, Prague, Czech Republic.
  • Sager, W.W., T. Sano, and J. Korenaga, The Shatsky Rise supervolcano, Japan Geophysical Union Meeting 2011, SVC007-01, May 27, 2011, Makuhari, Japan.
  • Shimizu, K., T. Sano, and N. Shimizu, Uplift and subsidence of Shatsky Rise: inferred from volatiles in fresh volcanic glasses, Japan Geophysical Union Meeting 2011, SVC007-08, May 27, 2011, Makuhari, Japan.
  • Sano, T. A. Ishikawa, R. Senda, K. Shimizu, C. Qing, and J. Kimura, Magma variety and stratigraphy of Ori Massif, Shatsky Rise, Japan Geophysical Union Meeting 2011, SVC007-09, May 27, 2011, Makuhari, Japan.
  • Ishikawa, A., T. Sano, and R. Senda, Highly siderophile element geochemistry of high-Mg basalts from Pacific LIPs, Japan Geophysical Union Meeting 2011, SVC007-11, May 27, 2011, Makuhari, Japan.
  • Miyoshi, M., T. Sano, and K. Shimizu, Boron and Chlorine contents of Shatsky Rise, and their implications for the alteration of oceanic plateau, Japan Geophysical Union Meeting 2011, SVC007-12, May 27, 2011, Makuhari, Japan.
  • Shimizu K., T. Sano, W.W. Sager, J. Geldmacher, N. Shimizu, and IODP Expedition 324 Scientific Party, Major element and volatile variations of volcanic glasses from Shatsky Rise, sampled from IODP Expedition 324, American Geophysical Union Fall Meeting U51A-0019, December 17, 2010, San Francisco, USA.
  • 佐野貴司,柵山徹也,山崎徹,海洋地殻を構成する噴出岩,貫入岩,はんれい岩の比較:高速拡大軸下のマグマシステムの解明,2010年度日本地球化学会年会:1A13 (16-01),2010年9月7日,立正大学(熊谷市).
  • 三好雅也,佐野貴司,長谷中利昭,福岡孝昭,ホウ素を用いたスラブ由来流体の追跡−フィリピン海プレートの沈み込みと九州の火山活動−,2010年度日本地球化学会年会:1A21 (16-09),2010年9月7日,立正大学(熊谷市).
  • 横山一己,松原聰,宮脇律郎,佐野貴司,堤之恭,国立科学博物館統合データベース岩石鉱物,2010年度日本地球化学会年会:1P06 (16-P04),2010年9月7日,立正大学(熊谷市).
  • Sano T., W.W. Sager, and J. Geldmacher, Massive magma eruption near sea level at Shatsky Rise: Preliminary results from Integrated Ocean Drilling Program Expedition 324, AGU 2010 Western Pacific Geophysics Meeting OS51B-182, June 25, 2010, Taipei, Chinese Taipei.
  • 内尾優子,佐野貴司,セイガー・ウィル,ゲルドマッハー・ヨルグ,IODP第324航海乗船研究者一同,IODP第324次航海ジョイデス・レゾリューション号船上でのアウトリーチ活動の報告,日本地球惑星科学連合2010年大会:GSC020-01,2010年5月23日,千葉幕張メッセ.
  • 佐野貴司,セイガー・ウィル,ゲルドマッハー・ヨルグ,IODP第324航海乗船研究者一同,統合国際掘削計画324航海速報:シャツキー海台におけるプリュームモデルとプレートモデルの検証,日本地球惑星科学連合2010年大会:MIS007-07,2010年5月24日,千葉幕張メッセ.
  • 三好雅也,クッパー・アンソニー,清水健二,グリーネ・アンドリュー,レナット・アルミー,ウィドウソン・マイク,ナットランド・ジェイムス,佐野貴司,セイガー・ウィル,ゲルドマッハー・ヨルグ,IODP第324航海乗船研究者一同,IODP北西太平洋シャツキー海台掘削航海で得られた火山岩類の船上研究結果報告,日本地球惑星科学連合2010年大会:BPT013-11,2010年5月26日,千葉幕張メッセ.
  • 内尾優子,佐野貴司,池本誠也,小松孝彰,荒川史子,熊野有祐,阿部桜子,ピート・レスリー,吉澤 理,梅津 慶太,IODP最新研究活動を伝える−科学博物館を活用したアウトリーチ活動,日本地球惑星科学連合2010年大会:GSC020-P02,2010年5月23日,千葉幕張メッセ
  • 佐野貴司,平野直人,李 三忠,イットゥリーノ・ジェリー,IODP第324航海乗船研究者一同,シャツキー海台の構造地質および孔内計測:統合国際深海掘削計画324航海の結果,日本地球惑星科学連合2010年大会:BPT013-P01,2010年5月26日,千葉幕張メッセ.
  • Sager W.W., T. Sano, and J. Geldmacher, Preliminary Results from Integrated Ocean Drilling Program Expedition 324: Coring Shatsky Rise to Test Models of Oceanic Plateau Formation (Invited) , American Geophysical Union Fall Meeting V51H-01, December 18, 2009, San Francisco, USA.
  • Sano T., W.W. Sager, J. Geldmacher, Geochemistry of samples cored from Shatsky Rise, IODP Expedition 324, and their implications for the formation of oceanic plateaus (Invited), American Geophysical Union Fall Meeting V51H-02, December 18, 2009, San Francisco, USA.
  • Miyoshi M., T. Hasenaka, T. Sano, and T. Fukuoka, Along- and across-arc variations of Boron systematics of basaltic rocks from Kyushu, SW Japan, American Geophysical Union Fall Meeting T21A-1786, December 15, 2009, San Francisco, USA.
  • Tejada, M.L.G., K. Shimizu, K. Suzuki, T. Hanyu, T. Sano, and M. Nakanishi, Are Ontong Java Plateau and Lyra Basin related?, Goldschmidt 2009 Conference, June 23, 2009, Davos, Switzerland.
  • 佐野貴司,三好雅也,上部海洋地殻のホウ素と塩素含有量,日本地球惑星科学連合2009年大会:K132-009,2009年5月17日,千葉幕張メッセ.
  • 三好雅也,長谷中利昭,佐野貴司,福岡孝昭,ホウ素を用いたスラブ由来流体の寄与の見積り−フィリピン海プレートの沈み込みと九州の第四紀火山活動−,日本地球惑星科学連合2009年大会:J240-016,2009年5月16日,千葉幕張メッセ.
  • Sano T., T. Sakuyama, S. Ingle, S. R. Durand, and T. Yamasaki, Petrological relationships among lavas, dikes, and gabbros from IODP Hole 1256D: insight into magma plumbing system beneath the East Pacific Rise, American Geophysical Union Fall Meeting, December 18, 2008, San Francisco, USA.
  • Ingle S., T. Yamasaki, S. R. Durand, T. Sano, S. Awaji, and Y. Kato, Geochemical Nature of High-Level Melt Lenses in Oceanic Crust Formed at a Superfast Spreading Rate, American Geophysical Union Fall Meeting, December 19, 2008, San Francisco, USA.
  • Yamasaki T., S. Ingle, T. Sano, Durand, S. R., J. Maeda, S. Awaji, Y. Kato, and T. Sakuyama, Magmatic Processes in an Axial Magma Chamber at a Superfast-Spread Ridge, IODP Hole 1256D, EPR, American Geophysical Union Fall Meeting, December 19, 2008, San Francisco, USA.
  • Miyoshi M., T. Hasenaka, J. G. Ryan, Z. D. Atlas, M. Shimono, T. Sano, T. Fukuoka, Boron and trace element systematics of Quaternary basaltic rocks from Kyushu, Southwestern Japan. American Geophysical Union, 2008 Fall meeting, December 16, 2008, San Francisco, USA.
  • 佐野貴司,海老原 淳,野村篤志,青木 司,中西宏明,宮地直道,富士山宝永噴火の際に千葉県佐原で採取された火山灰,日本火山学会2008年秋季大会:A29, 2008年10月12日,岩手大学.
  • Miyoshi M,, M. Shimono, T. Hasenaka, T. Sano, T. Fukuoka, Subduction influence of Philippine Sea plate on the mantle beneath Kyushu, SW Japan: An examination of boron contents in basaltic rocks. IAVCEI, general assembly 2008, August 2008, Reykjavik, Iceland.
  • 佐野貴司,山下 茂,2007.マグマの水含有量:ガラス分析からの考察.日本地質学会第114年会夜間小集会:IODP Exp. 309/312における成果と海洋モホールへの展望,2007年9月10日,北海道大学.
  • Sano T., Spinel and olivine mineralogy of Ontong Java Plateau, Integrated Ocean Drilling Program Workshop: Investigate Large Igneous Province, July 24, 2007, Coleraine, Northern Ireland, UK.
  • Sano T., S. Yamashita, N. Banerjee, 2007. Volatiles in submarine glasses from Hole 1256D. Integrated Ocean Drilling Program Expedition 309 & 312 2nd post-cruise meeting, June 12, 2007, Tokyo.
  • 佐野貴司,2007.スピネル組成からみたオントンジャワ海台マグマソースの均一性,日本地球惑星科学連合2007年大会:K129-001,2007年5月19日,千葉幕張メッセ.
  • 佐野貴司,植田匡喬,2006. 富士火山から約2200年前に噴出したスコリアの化学組成と空隙率の関係.日本火山学会2006年秋季大会:A27,2006年10月24日,熊本県阿蘇市.
  • 佐野貴司,柵山徹也,海野進,309航海乗船研究者一同,総合国際深海掘削計画(IODP)309航海で採取された基盤岩の岩石学的研究,日本地球惑星科学連合2006年大会,2006年5月,千葉幕張メッセ(招待講演).
  • Sano T. and S. Yamashita, Melting experiments with the control oxygen fugacity under dry conditions at high pressure: implications for evolution of magmas on the Ontong Java Plateau, COE-21 International Symposium: Origin, Evolution and Dynamics of the Earth -Present and Future Research-, March 5, 2005, Misasa, Totori, Japan.
  • Sano T., T. Hasenaka and T. Fukuoka, Constraints on sediment-derived fluid in mantle wedge beneath Northeast Japan arc: comparison between element contents in Japan Trench sediments and those in Iwate lavas, State of the Arc (SOTA) 2003 meeting, August 17, 2003, Oregon, USA.
  • 佐野貴司,オントンジャワ海台マグマ中に含まれる捕獲結晶の滞留時間:ODP Leg 192で採取された玄武岩中のカンラン石の研究,日本地球惑星科学連合2003年大会,2003年5月28日,千葉幕張メッセ.
  • 佐野貴司,山下茂,岩石溶融実験による超巨大玄武岩火山(オントンジャワ海台)のマグマ分化作用の研究,日本火山学会2002年度秋季大会,2002年10月,仙台市.
  • 佐野貴司,福岡孝昭,長谷中利昭,即発ガンマ線分析による火山岩中塩素の定量,日本地球化学会2002年度年会,2002年9月26日,鹿児島大学.
  • Sano T., Differentiation processes of leg 192 basement lavas at low pressure: an experimental study, Ocean Drilling Program Leg 192 post-cruise meeting, June 3, 2002, Idaho, USA.
  • Sano T., T. Hasenaka, T. Fukuoka, Amount of Sediment-derived fluid in mantle wedge beneath Northeast Japan arc: comparison between B and other element contents in Japan Trench sediments and those in Iwate lavas, American Geophysical Union fall meeting, December 10, 2001, San Francisco, USA.
  • 佐野貴司,福岡孝昭,長谷中利昭,大陸下リソスフェアマントルは鉛に富みホウ素に枯渇している:デカン洪水玄武岩を例とした研究,日本地球惑星科学連合2001年大会,2001年6月,東京代々木オリンピックセンター.
  • 佐野貴司,長谷中利昭,島岡晶子,福岡孝昭,永井尚生,沈み込み帯における海洋性堆積物のリサイクル時間:日本海溝堆積物と岩手玄武岩中の10Be濃度からの見積もり,日本火山学会2000年秋季大会,2000年9月13日,茨城大学.
  • 佐野貴司, 福岡孝昭, 長谷中利昭, 島岡晶子, 東北日本弧の火山フロントに噴出した溶岩と日本海溝の堆積物中のホウ素含有量の比較,日本地球化学会1999年度年会,1999年10月,地質調査所.
  • 佐野貴司, 長谷中利昭, 福岡孝昭, 米沢仲四郎, 松江秀明, 澤畑浩之, 岩手火山の火山岩中のホウ素含有量,日本地球惑星科学連合1999年大会,1999年6月,東京代々木オリンピックセンター.
  • 佐野貴司, 福岡孝昭, 長谷中利昭, 米沢仲四郎, 松江秀明, 澤畑浩之, 大陸洪水玄武岩および大陸リソスフェア中のホウ素含有量,日本地球惑星科学連合1999年大会,1999年6月,東京代々木オリンピックセンター.
  • 佐野貴司, 福岡孝昭, 長谷中利昭, 米沢仲四郎, 松江秀明, 澤畑浩之, 岩手火山のホウ素含有量からの沈み込んだスラブの影響の見積もり,日本地球化学会1998年度年会,1998年10月,九州大学.
  • Sano T., T. Fujii, S.S. Deshmukh, S. Aramaki, Chemical evolution of Deccan Trap magmas: Petrological, experimental and numerical investigations, American Geophysical Union, 1997 Fall meeting, December 1997, San Francisco, U.S.A.
  • Sano, T., T. Fukuoka, T. Hasenaka, C. Yonezawa, H. Matsue, and H. Sawahata, Determination of boron content in volcanic rocks by neutron-induced prompt gamma-ray analysis: Correction of analytical sensitivity variation, Asia-Pacific symposium on radio chemistry, October 1997, Kumamoto, Japan.
  • 佐野貴司, 福岡孝昭, 長谷中利昭, 米沢仲四郎, 松江秀明, 澤畑浩之, 即発γ線分析による火山岩中ホウ素の高確度定量,理工学における同位元素研究発表会,1997年7月,東京国立教育会館.
  • 佐野貴司, マントルレールゾライトの融解により洪水玄武岩マグマは生成可能か?:デカン洪水玄武岩の岩石学的研究,日本火山学会1996年度秋季大会,1996年11月,伊豆大島.
  • 佐野貴司, 藤井敏嗣, 福岡孝昭, 洪水玄武岩のマグマ成因論:デカン洪水玄武岩を例とした研究,日本地球惑星科学連合1996年大会,1996年3月,大阪大学.
  • Sano T., T. Fujii, Chemical variation of the uncontaminated (Ambenali-like) basalts of Deccan Traps, National Symposium on Deccan Flood Basalts of India, March, 1996, Nagpur, India.
  • 佐野貴司, インド,西ガーツ地域におけるデカン洪水玄武岩の化学組成バリエーション,日本地球惑星科学連合1995年大会,1995年3月,日本大学.
  • Sano T., Experimental investigations of chemical variations in Deccan Trap basalts, India,Todai Symposium, January 1995, Tokyo, Japan.
  • 佐野貴司, 藤井敏嗣, 荒牧重雄, インド,デカン洪水玄武岩の溶融実験,日本火山学会1994年度秋季大会,1994年10月,九州大学.
  • 佐野貴司, 長崎県壱岐島における火山層序の確立.,日本地質学会第100年学術大会,1993年4月,東京大学駒場.
  • Sano T., Successive melt segregation from ascending ascenospheric materials: Petrological study of the Auckland volcanic field, New Zealand,IAVCEI,September 1993, Canberra, Australia.
  • Sano T., S. Umino, Successive melt segregation from an ascending diapir, Petrological study of the Auckland volcanic field, New Zealand,29th International Geological Congress, September 1992, Kyoto, Japan.
  • 佐野貴司, 長崎県壱岐島の火山層序の確立とマグマ進化,日本火山学会1992年度秋季大会,1992年11月,静岡県伊東市.
  • 佐野貴司, 海野進, オークランド火山群,ランギトート島とスリーキングズの岩石学,日本火山学会1990年度秋季大会,1990年11月,長野県軽井沢町.
  • 佐野貴司, ニュージーランド北島オークランド火山群の岩石,日本火山学会1991年度秋季大会,1991年10月,宮城県仙台市.