室谷 智子 Satoko Murotani

学会発表

  • Murotani, S., and K. Satake, 2017. Normal Fault Type Earthquakes Off Fukushima Region - Comparison of the 1938 Events and Recent Earthquakes -. AGU Fall Meeting. 2017.12.13. Ernest N. Morial Convention Center. New Orleans. S31C-0832.
  • 室谷智子・佐竹健治, 2017. 福島県沖で発生する正断層型地震〜1938年と近年の地震との比較〜. 日本地震学会2017年秋季大会. 2017.10.26. かごしま県民交流センター. S08-P01.
  • Gusman Aditya Riadi・佐竹健治・室谷智子・石辺岳男, 2017. 福井県沖〜鳥取県沖の海域活断層による日本海沿岸部の津波高. 日本地震学会2017年秋季大会. 2017.10.25. かごしま県民交流センター. S17-P12.
  • Murotani, S., K. Satake, H. Tsuruoka, H. Miyake, T. Sato, T. Hashimoto, H. Kanamori, and M. Osako, 2017. Database of digitized data of analog seismic and tsunami records for historical earthquakes in Japan. IAG/IASPEI Meeting. 2017.08.04-05. Kobe International Conference Center. S05-P-01.
  • Satake, K., H. Tsuruoka, and S, Murotani, 2017. Analog Seismogram Archives at Earthquake Research Institute, the University of Tokyo. IAG/IASPEI Meeting. 2017.08.04. Kobe International Conference Center. S05-1-05.
  • 室谷智子・佐竹健治, 2017. 地震波形と津波波形を用いた1938年と2016年福島県沖の地震の解析.日本地球惑星科学連合2017年大会. 2017.05.21. 千葉幕張メッセ国際会議場. SSS17-P01.
  • Murotani, S., and K. Satake, 2016. Seismic waveform analyses for the 1938 Off Fukushima earthquake sequence. AGU Fall Meeting 2016. 2016.12.13. Moscone center. San Francisco. S21B-2721.
  • Gusman Aditya・佐竹健治・室谷智子・石辺岳男, 2016. 北陸沖海域の活断層による日本海沿岸部の津波高. 日本地震学会2016年秋季大会. 2016.10.06. 名古屋市国際会議場. S17-P03.
  • 原田智也・佐竹健治・古村孝志・室谷智子, 2016. 地震直後に行われたアンケート調査の再検討による1948年福井地震(M7.1)の震度分布. 日本地震学会2016年秋季大会. 2016.10.05. 名古屋市国際会議場. S10-P06.
  • 室谷智子, 2016. 明治22年熊本地震を後世に伝えようとしていた資料. 日本地震学会2016年秋季大会. 2016.10.05. 名古屋市国際会議場. S10-P05.
  • 原田智也・佐竹健治・古村孝志・室谷智子, 2016. 地震直後に行われたアンケート調査による1948年福井地震の震度分布. 第33回歴史地震研究会. 2016.09.11-12. 大槌町中央公民館. 岩手.
  • 室谷智子・有賀暢迪・若林文高・大迫正弘, 2016. 明治22年(1889年)熊本地震にまつわる資料. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 2016.05.25-26. 千葉幕張メッセ国際会議場. MIS34-P103.
  • 室谷智子・佐竹健治・原田智也, 2016. 日本海で発生したM7クラスの地震の津波断層モデルの検証. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 2016.05.25. 千葉幕張メッセ国際会議場. H-DS19-P12.
  • 室谷智子・佐竹健治・原田智也, 2015. 日本海で発生したM7クラスの地震の津波波形の再現. 日本地震学会2015年秋季大会, 神戸国際会議場. S17-P07.
  • Murotani, S., 2015. Seismic and tsunami waveforms analysis for large earthquakes occurred in the Sea of Japan. Seminar on Tsunami Risk in East Sea, Korea.
  • Takigawa, A., S. Murotani, M. Heidarzadeh, Y. Wu, and K. Satake, 2015. Tsunami Heights and Period Distribution of Tokyo Bay and Characteristic Oscillation of Tokyo and Sagami Bays. AOGS 11th Annual Meeting, Singapore. OS08-D2-PM1-310-003.
  • Murotani, S., K. Satake, and T. Harada, 2015. Tsunami source model of large earthquakes occurred in the Sea of Japan. 26th IUGG General Assembly, Prague. JP05p-039.
  • Harada, T., S. Murotani, K. Satake, and T. Furumura, 2015. Damage and seismic intensity distributions of the 1946 Nankai earthquake revealed by the reanalysis of questionnaire survey immediate the earthquake. 26th IUGG General Assembly, Prague. S01dp-578.
  • Gusman, A., S. Murotani, and K. Satake, 2015. Estimation of coastal tsunami heights from 60 submarine faults in the Sea of Japan. 26th IUGG General Assembly, Prague. IUGG-2078.
  • 室谷智子・佐竹健治・原田智也, 2015. 日本海で発生したM7クラスの地震の津波断層パラメータの推定. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. HDS27-P14.
  • Gusman, A. S. Murotani, and K. Satake, 2015. Relationship between tsunami heights at offshore and coastal points in the Sea of Japan. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. HDS27-P06.
  • 瀧川朗・室谷智子・Heidarzadeh Mohammad・Wu Yifei・佐竹健治, 2015. 東京湾内外の津波高さ分布・周期特性と東京湾・相模湾の固有振動. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. HDS27-16.
  • Gusman, A. S. Murotani, K. Satake, M. Heidarzadeh, S. Watada, E. Gunawan, and B. Schurr, 2015. Rupture process of the 2014 Iquique, Chile earthquake estimated from tsunami waveforms, teleseismic, and GPS data. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. SSS02-22.
  • 原田智也・室谷智子・佐竹健治・古村孝志, 2015. アンケート調査に基づく1946 年南海地震の震度分布・被害分布. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. SSS28-P19.
  • #2014年以前は発表者に限る
  • 室谷智子・岩井麻樹・佐竹健治・G. Shevchenko・A. Loskutov, 2014. 日本海沿岸で観測された2011年東北地方太平洋沖地震時の海面微小変動. 第4回巨大津波災害に関する合同研究集会, 東北大学災害科学国際研究所.
  • Murotani, S., T. Harada, and K. Satake, 2014. Source process of large (M~7) earthquakes in the Japan Sea estimated from seismic waveforms and tsunami simulations. AGU Fall Meeting, San Francisco. T31C-4610.
  • 室谷智子・佐竹健治・藤井雄士郎, 2014. プレート境界で発生するM9クラス巨大地震のスケーリング則. 第14回日本地震工学シンポジウム, 千葉幕張メッセ国際会議場. OS1-Sat-PM1-4.
  • 室谷智子・佐竹健治・原田智也・A. Loskutov・G. Shevchenko, 2014. 地震・津波波形から推定される1971年サハリン西方沖の地震の断層モデル. 日本地震学会2014年秋季大会, 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター. S08-14.
  • Gusman, A. R., S. Murotani, K. Satake, M. Heidarzadeh, S. Watada, E. Gunawan, and B. Schurr, 2014. Comparative evaluation of tsunami-GPS and teleseismic body wave inversion methods for the 2014 Iquique, Chile, earthquake. 日本地震学会2014年秋季大会, 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター. A21-12.
  • Murotani, S., M. Iwai, and K. Satake, 2014. Interpretation of oscillations starting immediately after the 2011 Tohoku earthquake in the Japan Sea. AOGS 11th Annual Meeting, Royton Sapporo Hotel, OS16-A012.
  • 室谷智子・岩井麻樹・佐竹健治, 2014. 2011年東北地方太平洋沖地震発生直後の日本海沿岸での微小変動. 日本地球惑星科学連合2014年大会, パシフィコ横浜. HDS27-P04.
  • Murotani, S., M. Iwai, and K. Satake, 2013. Tsunami forerunner observed in the Japan Sea following the 2011 Tohoku earthquake. AGU Fall Meeting, San Francisco. NH43A-1724.
  • 室谷智子・佐竹健治, 2013. 1953年房総沖地震の津波波形の再現. 日本地震学会2013年秋季大会, 神奈川県民ホール. P1-77.
  • Murotani, S., K. Satake, and Y. Fujii, 2013. Extension of scaling relations of seismic moment, source and asperity areas, and average slip to M9-class earthquakes. IAHS-IAPSO-IASPEI Joint Assembly, Gothenburg. S301S2.05.
  • Murotani, S., and K. Satake, 2013. Re-examination of large 20th century earthquakes along the southern Japan trench : The 1927 and 1953 off Boso earthquakes. IAHS-IAPSO-IASPEI Joint Assembly, Gothenburg. S101PS.22.
  • 室谷智子・佐竹健治, 2013. 日本海溝南部周辺で発生した大地震の再検討 −1927年・1953年房総沖の地震−. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. SSS31-P40.
  • Murotani, S., and K. Satake, 2012. Re-examination of large 20th century earthquakes along the southern Japan trench. AGU Fall Meeting, San Francisco. T13F-2689.
  • 室谷智子・佐竹健治・藤井雄士郎, 2012. M9クラス巨大地震のすべり量分布とスケーリング. 日本地震学会2012年秋季大会, 函館市民会館. A22-11.
  • 室谷智子・佐竹健治・山中佳子, 2012. 日本海溝南部周辺で20世紀に発生した大地震の再検討.日本地震学会2012年秋季大会, 函館市民会館. P1-60.
  • 室谷智子・石辺岳男・佐竹健治・島崎邦彦.中川茂樹.酒井慎一.平田直.西山昭仁, 2012. 1885年以降に南関東で発生したM7級地震の類型化.日本地球惑星科学連合2012年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. SSS33-04.
  • Murotani, S., T. Ishibe, K. Satake, K. Shimazaki, 2011. Classification of M 7 earthquakes in Tokyo Metropolitan area since 1885 - The 1894 Meiji Tokyo and 1895 Ibaraki-ken Nambu earthquakes -, SCEC-ERI Joint Workshop, Stanford University.
  • Murotani, S., T. Ishibe, K. Satake, K. Shimazaki, 2011. Classification of M~7 earthquakes in Tokyo Metropolitan area since 1885 - The 1894 Meiji Tokyo and 1895 Ibaraki-ken Nambu earthquakes -, AGU fall meeting, San Francisco. T43D-2355.
  • 室谷智子・石辺岳男・佐竹健治・島崎邦彦, 2011. 1885年以降の「M7級首都直下地震」の地震像−1894年明治東京地震・1895年茨城県南部の地震−. 日本地震学会2011年秋季大会, 静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ. P-74.
  • Murotani, S., S. Matsushima, T. Azuma, K. Irikura, S. Kitagawa, 2010. Scaling Relations of Earthquakes on Inland Active Mega-Fault Systems, AGU fall meeting, San Francisco.
  • 室谷智子・松島信一・吾妻崇・入倉孝次郎・北川貞之, 2010. 内陸の長大断層に関するスケーリング則の検討. 日本地震学会2010年度秋季大会講演予稿集, 広島国際会議場. B12-02.
  • 室谷智子・松島信一・吾妻崇・入倉孝次郎・北川貞之, 2010. 内陸地殻内の長大断層で発生する地震に関するスケーリング則. 2009年度京都大学防災研究所防災研究推進特別事業研究集会「大加速度・速度の強震動の生成と地震被害に関する研究集会」, キャンパスプラザ京都.
  • 室谷智子・松島信一・吾妻崇・入倉孝次郎・北川貞之, 2009. 長大断層に関するスケーリング則−海外で発生した長大断層での地震の解析事例−. 日本地震学会2009年度秋季大会講演予稿集, 京都大学. A12-05.
  • 室谷智子・島崎邦彦・纐纈一起. 地震波形と水準測量データから見た1946年南海地震の震源過程. 日本地震学会2007年度秋季大会講演予稿集, 仙台国際センター. C21-07.
  • 室谷智子・島崎邦彦・纐纈一起・古村孝志・馬場俊孝・P.R. Cummins, 2006. 地震波形インバージョンによって求められた1946年南海地震の震源過程. 日本地球惑星科学連合2006年大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. S117-001.
  • 室谷智子・三宅弘恵・纐纈一起, 2005. 海溝型地震の不均質断層パラメータのスケーリング則. 地球惑星科学関連学会2005年合同大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. S052-006.
  • 室谷智子・菊地正幸・山中佳子・島崎邦彦, 2004. 1938年に起きた複数の福島県東方沖地震の破壊過程(2). 日本地震学会2004年度秋季大会講演予稿集, 九州大学. P029.
  • 室谷智子・菊地正幸・山中佳子, 2003. 近地強震計記録を用いた1982年茨城県沖地震の震源過程. 日本地震学会2003年度秋季大会, 京都国際会館. P029.
  • 室谷智子・菊地正幸・山中佳子, 2003. 1938年に起きた複数の福島県東方沖地震の破壊過程. 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 千葉幕張メッセ国際会議場. S052-003.
  • 室谷智子・菊地正幸・山中佳子, 2002. 1938年11月5日の複数の福島県東方沖地震の比較研究. 日本地震学会2002年度秋季大会, パシフィコ横浜. P126.