國府方 吾郎 Goro Kokubugata

学会発表

  • 山田孝幸・國府方吾郎・藤井伸二・福田知子・牧雅之, 2018. 島嶼偏在性隔離分布種モクレイシの分布変遷: 葉緑体 DNA 変異解析・生態ニッチモデリング・MIG-seq を用いた推定. 日本植物分類学会第17回大会, 金沢, p. 54.
  • 伊東拓朗・國府方吾郎, 2018. 磯間嶽固有でなかったサツママンネングサ. 日本植物分類学会第17回大会, 金沢, 要旨集, p. 65.
  • 田村紗彩・M. Kwak・國府方吾郎・C. Park・B. Lee・福田知子・E. Pimenova・E. Petrunenko・I. Koksheeva・P. Krestov・S. Bondarchuk・J. Ma・H. Zhou・坪井勇人・ 西川洋子・島村崇志・冨士田裕子・中村剛, 2018. 絶滅危惧植物エンビセンノウの保全:日韓中露の集団遺伝,保全株の由来,植え戻し計画,生態展示. 第65回日本生態学会大会, 札幌, 要旨集, p. P1-224.
  • 伊東拓朗・横田昌嗣・國府方吾郎, 2017. 海岸性マンネングサ属における特殊な分散様式の発見. 日本植物学会第81回大会, 野田. 要旨集, p. 150.
  • Ito, T., C.C. Yu, K.F. Chung & G. Kokubugata, 2017. Unique parallel radiations of high-mountainous species of the genus Sedum (Crassulaceae) on the continental island of Taiwan. XIX International Botanical Congress, Shenzhen. Abstract, p. 420.
  • 山田孝幸・國府方吾郎・藤井伸二・牧雅之, 2017. 島嶼偏在性隔離分布種モクレイシの分布変遷:葉緑体DNA 変異解析と生態ニッチモデリングを用いた推定. 日本植物学会第81回大会, 野田. 要旨集, p. 197.
  • 田村紗彩・M.-H. Kwak・國府方吾郎・C.-H. Park・B.-Y. Lee・福田知子・P. E. Alexandrovna・E. Petrunenko・P. Krestov・S. Sutyrina・S. Bondarchuk・J.-S. Ma・H.-C. Zhou・坪井勇人・西川洋子・島村崇志・冨士田裕子・中村剛, 2017. 日・韓・中・露協同で行う東アジアの絶滅危惧植物エンビセンノウの保全研究. 日本植物分類学会第16回大会, 京都. 要旨集, p. 77.
  • 伊東拓朗・横田昌嗣・國府方吾郎, 2017. 海岸性マンネングサ属における特殊な分散様式の発見. 日本植物学会第81回大会, 野田. 要旨集, p. 150.
  • 田村紗彩・M.-H. Kwak・國府方吾郎・C.-H. Park・B.-Y. Lee・福田知子・P. E. Alexandrovna・E. Petrunenko・P. Krestov・S. Sutyrina・S. Bondarchuk・J.-S. Ma・H.-C. Zhou・坪井勇人・西川洋子・島村崇志・冨士田裕子・中村剛, 2017. 絶滅危惧種エンビセンノウのロシアから北海道,朝鮮から本州の2 ルート進入と,日本集団保全上の留意点. 日本植物学会第81回大会, 野田. 要旨集, p. 151.
  • 伊東拓朗・中西弘樹・横田昌嗣・國府方吾郎, 2017. ハママンネングサは複数別分類群を内包する-男女群島および宮古島から発見された新種-. 日本植物分類学会第16回大会, 京都. 要旨集, p. 29.
  • Kokubugata, G., 2016. An integrated red list of East Asian Plants. 2016 EABGN Meeting & International Symposium, Sharing Experience in Management and Education in Botanical Gardens and Arboreta, Seoul. Abstract, pp 141–155.
  • Ito, T., C. Yu, K. Nakamura, K. Chung, Q. Yang, C. Fu and G. Kokubugata, 2016. Unique parallel radiations of genus Sedum (Crassulaceae) in a continental island of Taiwan. East Asian Plant Diversity and Conservation 2016 (Tokyo). Abstract p. 41.
  • 伊東拓朗・游旨价・鍾國芳・國府方吾郎, 2016. 台湾産マンネングサ属の平行的な適応放散と光合成型シフト. 日本植物学会第80回大会, 沖縄. 要旨集, p. 146.
  • Kokubugata, G., 2016. An integrated red list of East Asian Plants. 2016 EABGN Meeting & International Symposium, Sharing Experience in Management and Education in Botanical Gardens and Arboreta, Seoul, pp 141–155.
  • 梅本巴菜・中村剛・楊親二, Chan-Ho Park・横田昌嗣・國府方吾郎, 2016. ヒメサギゴケ(ハエドクソウ科)における分子系統解析と携帯比較による分類再検討. 日本植物分類学会第15回大会, 富山. 要旨集, p. 22.
  • 伊東拓朗・游旨价・鐘國芳・國府方吾郎, 2016. 台湾におけるマンネングサ属の適応放散はなぜ起きたのか. 日本植物分類学会第15回大会, 富山. 要旨集, p. 29.
  • 中村剛・G. Sancho・國府方吾郎・P. Forster・傳田哲郎・横田昌嗣・S. Wagstaff, 2016. 西太平洋地域と南米に分布する広義コケセンボンギク属(キク科)の系統分類と生物地理. 日本植物分類学会第15回大会, 富山. 要旨集, p. 40.
  • Kokubugata, G., 2015. Situation of botanical gardens and conservations in Japan. The Fifth Southeast Asia Botanic Gardens Network Meeting, Bali. Abstract p. 3.
  • 梅本巴菜・中村剛・楊親二, Chan-Ho Park・横田昌嗣・國府方吾郎, 2015. 日本および台湾におけるサギゴケ属の分類再検討. 日本植物学会第79回大会, 新潟. 要旨集, p. 151.
  • 山田孝幸・國府方吾郎・藤井伸二・牧雅之, 2015. 隔離分布種モクレイシにおける系統地理と集団遺伝構造. 日本植物学会第79回大会, 新潟. 要旨集, p. 167.
  • 伊東拓朗・游旨价・鐘國芳・國府方吾郎, 2015. 適応放散を起こした台湾産マンネングサ属種の各種光合成様式タイプ. 日本植物学会第79回大会, 新潟. 要旨集, p. 190.
  • Kokubugata, G., 2015. An integrated red list of East Asian plants. The Second NIBR and National Museum of Nature and Science Joint Workshop “The importance of biodiversity conservation in East Asia and specimen information, Incheon. Abstract, p. 5.
  • 梅本巴菜・中村剛・横田昌嗣・國府方吾郎, 2015. 琉球列島と台湾のヒメサギゴケにおける系統地理学的研究. 沖縄生物学会第52回大会, 西原. 要旨集, p. 3.
  • 水澤玲子・兼子伸吾・國府方吾郎・井鷺裕司, 2015. 日本産クサギ属植物の倍数性進化に関する一考察. 第62回日本生態学会, 鹿児島. 要旨集, p. PA2-182.
  • 伊東拓朗・中村剛・國府方吾郎, 2015. 広義Sedum japonicum(ベンケイソウ科)における分子系統解析を用いた分類学的再検討. 日本植物分類学会第14回大会, 福島. 要旨集, 34.
  • 梅本巴菜・C. Park・C. Fu・横田昌嗣・國府方吾郎, 2015. 葉形態比較と分子系統解析によるサキシマエノキ(アサ科)の分類再検討. 日本植物分類学会第14回大会, 福島. 要旨集 p.35.
  • 國府方吾郎・加藤英寿・梅本巴菜・伊東拓朗・中村剛・村上哲明・横田昌嗣, 2015. 形態および分子データをもちいた小笠原産マルバケヅメクサの分類再検討. 日本植物分類学会第14回大会, 福島. 要旨集 p.38.
  • 伊東拓朗・中村剛・鐘國芳・國府方吾郎, 2014. 台湾高山に分布するマンネングサ属の系統地理. 日本植物学会第78回大会 (生田). 要旨集 p. 139.
  • 梅本巴菜・横田昌嗣・國府方吾郎, 2014. 琉球列島と台湾のヒメサギゴケ(ハエドクソウ科)にみられる核DNA領域の種内変異. 日本植物学会第78回大会 (生田). 要旨集 p. 139.
  • 山田孝幸・國府方吾郎・牧雅之, 2014. 隔離分布種モクレイシ(ニシキギ科)における分子系統地理. 日本植物学会第78回大会 (生田). 要旨集 p. 154.
  • 伊東拓朗・Chan-Ho Park・前田綾子・田邊由紀・國府方吾郎, 2013. ヤハズマンネングサ(ベンケイソウ科)の高知と済州島における隔離分布の検証. 日本植物分類学会第13 回大会(熊本). 要旨集 p. 23.
  • 國府方吾郎, 2013. 琉球列島の植物をグローバルにとらえる−他地域との系統分類比較−. シンポジウム「植物学から見た琉球列島−新しい知見と今後の課題−」. 第77回日本植物学会大会(札幌), 要旨集 p. 90.
  • 齊藤由紀子, 彭鏡毅, 國府方吾郎. 2013.日本および台湾産チゴユリ属植物の系統・植物地理学的考察. 第77回日本植物学会大会(札幌). 要旨集 p. 135.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山由美子・横田昌嗣, 2013. 琉球列島におけるスナヅル(クスノキ科)のハプロタイプ多型の地理的構造. 日本植物分類学会第12回大会(千葉), 要旨集, p. 36.
  • 齊藤由紀子・中村剛・彭鏡毅・横田昌嗣・國府方吾郎, 2013. 広義シマフジバカマ(キク科)にみられる核リボゾームDNA、ITS領域の変異. 日本植物分類学会第12回大会(千葉), 要旨集, p. 22.
  • Kokubugata, G. & M. Kato, 2012. Combination of red list of East Asian countries/regions and comparison of threatened seed plants between Japan and its adjacent regions. The symposium of “The East Asian Flora and its role in the formation of the world’s vegetation” (Vladivostok), abstract p. 31.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山裕美子・横田昌嗣, 2012. オキナワマツバボタン(スベリヒユ科)にみられる花弁形態の種内変異. 日本植物学会第76回大会,姫路.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山裕美子・P. I. Forster・横田昌嗣, 2012. 琉球列島固有種マルバハタケムシロ(キキョウ科)オーストラリア固有種と隔離分布するか. 沖縄生物学会第49回大会(西原), 要旨集, p. 13.
  • 齊籐由紀子・中村剛・彭鏡毅・横田昌嗣・國府方吾郎, 2012. 琉球列島・台湾産シマフジバカマ(キク科)の葉形態比較と分子系統解析に基づく分類学的考察. 沖縄生物学会第49回大会(西原), 要旨集, p. 42.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山裕美子・横田昌嗣, 2012. オキナワマツバボタン(スベリヒユ科)にみられる花弁形態の種内変異. 日本植物学会第76回大会(姫路), 要旨集, p. 187.
  • 齊籐由紀子・中村剛・彭鏡毅・横田昌嗣・國府方吾郎, 2012. 広義シマフジバカマ(キク科)の形態比較および分子系統解析. 日本植物学会第76回大会(姫路), 要旨集, p. 189.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山裕美子・P. I. Forster・横田昌嗣, 2012. スナヅル属(クスノキ科)2種における分類再検討と隔離分布の検証.日本植物分類学会第11回大会(大阪), 要旨集, p. 53.
  • 齊藤由紀子・中村剛・彭鏡毅・横田正嗣・國府方吾郎, 2012. 広義シマフジバカマにおける分子データを用いた系統関係の把握. 日本植物分類学会第11回大会(大阪), 要旨集, p. 66.
  • 國府方吾郎・横田昌嗣, 2011. 陸生植物も海を渡る−琉球における植物分散の追跡−. 沖縄生物学会第48回大会・日本動物分類学会第47回大会合同シンポジウム (西原), 要旨集, p. 8.
  • 國府方吾郎・海老原淳・福田知子・加藤雅啓, 2011. 日本と東アジア近隣地域における絶滅危惧植物の比較. 日本植物学会第75大会, 東京, 要旨集, p. 110.
  • Kokubugata, G. & M. Kato, 2011. Comparisons of threatened plants between Japan and adjacent East Asian regions. XVII International Botanical Congress, Melbourne, abstract p. 392.
  • Kokubugata, G., Y. Hirayama, C.-I Peng, M. Yokota & M. Möller, 2010. Taxonomic reconsideration and phytogeographic relationships of Lysionotus pauciflorus sensu lato (Gesneriaceae) in Japan and Taiwan. World Gesneriad Research Conference 2010, Sarasota, abstract18.
  • Kokubugata, G., M. Yokota, M. Kato, 2010. Endangered plant spices in the Ryukyus and their taxonomic studies. East Asian Plant Diversity and Conservation 2010, Seoul National University, Seoul, abstract p. 24.
  • 國府方吾郎・中村剛・Paul I. Forster・平山裕美子・横田昌嗣, 2010.スナヅル属2 種の日豪隔離分布の検証と分類再検討. 日本植物学会第74大会, 春日井, 要旨集, p. 185.
  • 國府方吾郎・横田昌嗣・加藤雅啓, 2010. 生物学的に日本の絶滅危惧植物を把握する−琉球列島を例に−.植物地理・分類学会2010年大会, 金沢市, 要旨集, p. 8.
  • 國府方吾郎・中村剛・Paul I. Forster・平山裕美子・横田昌嗣, 2010. クスノキ科スナヅル属2種の隔離分布検証と分類学的再検討. 沖縄生物学会第46回大会, 名護, 要旨集 p. 13.
  • 國府方吾郎・中村剛・平山裕美子・横田昌嗣, 2010.奄美大島固有種アマミアワゴケ(アカネ科)の分類学的再検討. 日本植物分類学会第9回大会, 刈谷市, 要旨集, p. 51.
  • 中村剛・國府方吾郎・傳田鉄郎・横田昌嗣, 2010. 琉球列島とオーストラリア東南部に隔離分布するコケタンポポ属 Solenogyne Cass. (キク科シオン連)の分子系統地理.日本植物分類学会第9回大会, 刈谷市, 要旨集 p. 26.
  • Nakamura, K., T. Denda, G. Kokubugata, M. Yokota, 2009, Floristic biogeography and phylogeography in the Ryukyus Archipelago, Japan. Symposium on East Asia Plant Diversity and Conservation 2009, Beijing, Abstract, p. 24.
  • Kokubugata, G., C.-I Peng, M. Yokota & M. Moeller, 2009. Taxonomy and phytogeographic relationships on Lysionotus pauciflorus sensu lato (Gesneriaceae) in the East Asia. Syposium on East Asia Plant Diversityt and Concervation 2009, Beijing, Abstract, p. 20.
  • 國府方吾郎・M. Moeller・彭鏡毅・横田昌嗣, 2009. 東アジアの広義シシンラン(イワタバコ科)における植物地理学的研究.日本植物学会第73回大会, 山形, 要旨集, p. 131.
  • 國府方吾郎・篠原渉・齊藤由紀子・彭鏡毅・横田昌嗣, 2009. 日本および台日本および台湾産オカトラノオ属コナスビ節の系統.日本植物分類学会第8回大会, 仙台, 要旨集, p. 41.
  • 國府方吾郎・彭鏡毅・小林史郎・横田昌嗣, 2008. 奄美大島固有種ヒメミヤマコナスビにおける分化過程. 日本植物学会第72回大会, 高知, 要旨集, p. 177.
  • 國府方吾郎・彭鏡毅・横田昌嗣, 2008. モロコシソウ(サクラソウ科)と近縁種の系統関係. 日本植物分類学会第7回大会, 八王子, 要旨集, p. 31.
  • 國府方吾郎・横田昌嗣, 2007. 琉球列島産ヒメショウジョウバカマの外部形態変異. 日本植物学会第71回大会(野田), p. 128.
  • 村井良徳・國府方吾郎・横田昌嗣・岩科司, 2007. 琉球列島産イワタバコ科絶滅危惧植物のフラボノイド. 日本植物学会第71回大会(野田), p. 154.
  • 齊藤由紀子・岩科司・國府方吾郎, 2007. チゴユリ属植物に含まれるフラボノイド成分の比較.日本植物学会第71回大会(野田), p. 154.
  • 國府方吾郎・横田昌嗣, 2007.琉球列島産ヒメショウジョウバカマの外部形態種内変異. 日本植物分類学会第6回大会(新潟), p. 47.
  • 齊藤由紀子・D. A. Madulid・C.-I Peng・岩科司・國府方吾郎, 2007.フィリピン産Disporum luzoniense (広義ユリ科) の分類学的再検討. 日本植物分類学会第6回大会(新潟) , p. 22.
  • 國府方吾郎・彭鏡毅・齊藤由紀子・横田昌嗣, 2006. モロコシソウと台湾産及び中国産近縁種(サクラソウ科)における染色体比較. 第70回日本植物学会 (熊本), p. 122.
  • 齊藤由紀子・國府方吾郎, 2006. サワシロギクとシラヤマギクの推定雑種ナガバシラヤマギクの雑種性の検証. 第70回日本植物学会 (熊本), p. 120.
  • 中村 剛・鐘 詩文・國府方 吾郎・傳田 哲郎・横田 昌嗣, 2006. 台湾固有の単型属タイヤルソウ属Hayataella (アカネ科)の系統分類学的研究, 日本植物分類学会第5回大会(沖縄), p. 33.
  • 村井 良徳・國府方 吾郎・横田 昌嗣・岩科 司, 2006. 日本産スナヅル属植物におけるフラボノイド組成の変異, 日本植物分類学会第5回大会(沖縄), p. 28.
  • Kokubugata G. & P. I. Forster, 2005. Molecular-cytotaxonomy of Cycas (Cycadales) distributed from Asia to Australia using 5S ribosomal DNA marker. Eighth Symposium on Collection Building and Natural History Studies in Asia and the Pacific Rim (Tokyo).
  • 國府方吾郎・齊藤由紀子・横田昌嗣・彭鏡毅・小林史郎・小西 達夫, 2005. 日本及び台湾産の広義モロコシソウの染色体比較. 第69回日本植物学会 (富山).
  • Möller, M., G. Kokubugata & K. Jong, 2005, Cytology in Gesneriaceae after FISH. XVII International Botanical Congress (Vienna), p. 166.
  • 國府方吾郎・横田昌嗣・瀬戸口浩彰・C.-I Peng,2005.琉球列島産及び台湾産の広義シマイワウチワの植物地理と分類に関する研究.第42回沖縄生物学会大会(西原).
  • 國府方吾郎・近藤勝彦・小西達夫, 2005. ソテツ属における染色体上5S ribosomal DNA 部位の比較.第4回植物分類学会年会(高知).
  • Kokubugata, G., M. Yokota, S. Kobayashi & C.-I Peng, 2005. Phytogeographic notes of Gesneriaceae in the Ryukyus, Japan. XVII International Botanical Congress (Vienna), p. 419.
  • Kokubugata, G., Y. Saito, M. Ogawa K. Kondo & T. Konishi, 2005. Comparison of ribosomal DNA site patterns on somatic chromosomes in ten Aster species and two allied genera (Asteraceae). XVII International Botanical Congress (Vienna), p. 456.
  • Saito, Y, M. Möller, G. Kokubugata, T. Katsuyama, W. Marubashi & T. Iwashina, 2005. Molecular evidence for repeated hybridization events involved in the origin of the genus × Crepidiastrixeris (Asteraceae) using RAPDs and ITS data. XVII International Botanical Congress (Vienna), p. 488.
  • Kokubugata, K., A. P. Vovides & K. Kondo, 2005. Mapping 5S ribosomal DNA on somatic chromosomes of four species of Ceratozamia and Stangeria eriopus. The 7TH International Conference on Cycad Biology (Xalapa).
  • Kokubugata, G. & K. Kondo, 2004. Cytotaxonomical study in Cycas (Cycadaceae) by the FISH method using 5S ribosomal DNA probes. The International Conference on “Evolutionary Botany of Certain Plant-Groups of the East Eurasian Floristic Element Related to Japanese Flora on the Basis of Chromosomes” (Hiroshima).
  • 國府方吾郎・齋藤由紀子・近藤勝彦・小川誠・小西達夫, 2004. 日本産広義シオン属二倍体種における核型と染色体上45S ribosomal DNA部位の比較.財団法人染色体学会第55回年会(岡山).
  • 齊藤 由紀子・國府方吾郎・彭 鏡毅・岩科 司, 2004. チゴユリ属3種における染色体上45S rDNA 部位の比較. 財団法人染色体学会第55回年会(岡山).
  • 國府方吾郎・横田昌嗣・Ching-I Peng・小西達夫, 2004. 琉球列島産ウロコマリ属の外部形態比較.第68回日本植物学会(藤沢).
  • 齋藤由紀子・國府方吾郎・勝山輝男・丸橋亘・岩科司. 2004. ヤクシワダンの雑種由来についての検証.第68回日本植物学会(藤沢).
  • 國府方吾郎・Ching-I Peng・横田昌嗣・Aleck Yang, 2004. 琉球列島産及び台湾産イリオモテソウ(アカネ科)の外部形態比較.第41回沖縄生物学会(名護).
  • 國府方吾郎. 2003. ソテツ目植物の分子細胞分類学的研究. 財団法人染色体学会第54回年会(学会賞受賞講演; 東京).
  • Saito, Y., G. Kokubugata, K. Kondo, I. V. Tatarenko, P. V. Kulikov and T. Konishi, 2004. Distribution patterns of 45S ribosomal DNA sites on somatic chromosomes of three subspecies of Inula britannica (Asteraceae) in Japan and Russia. The International Conference on “Evolutionary Botany of Certain Plant-Groups of the East Eurasian Floristic Element Related to Japanese Flora on the Basis of Chromosomes” (Hiroshima).
  • 國府方吾郎・Ching-I Peng, 2003. イワタバコ(Conandron ramondioides)の花冠形態比較.第67回日本植物学会大会(札幌).
  • 國府方吾郎・Ken D. Hill・近藤勝彦・小西達夫, 2002. Cycas属 (ソテツ科) 11種の染色体数と核型.第53回染色体学会大会 (奈良).
  • Kokubugata, G. & Ching-I Peng, 2002. Taxonomic study of Conandorn ramondioides from Japan and Taiwan. Gesneriaceae Workshop (Edinburgh).
  • Kokubugata, G. & Peng C.-I, 2001. Taxonomic study of Conandron ramondioides from Japan and Taiwan. Fourth Symposium on Collection Building and Natural History Studies in Asia and the Pacific Rim (Tokyo).
  • 國府方吾郎・近藤 勝彦・Ken D. Hill, 2001. Stangeria(ソテツ目)とその近縁属における染色体比較.第65回日本植物学会(東京).