海部 陽介 Yousuke Kaifu

出版物(著書・訳書)

  • 海部陽介, 2016. 日本人はどこから来たのか? 文藝春秋.
  • 海部陽介 2013. アフリカで誕生した人類の長い旅. 印東道子(編)人類の移動誌, pp. 10-24, 臨川出版.
  • 海部陽介 2013. 港川人の来た道. 印東道子(編)人類の移動誌, pp. 130-141, 臨川出版.
  • 海部陽介 2013. アジアの人類進化研究最前線. 一澤圭(編)「サルとヒト展」展示解説書, pp. 38-39, 鳥取県立博物館
  • 海部陽介 2013. 化石人類学からみた交替劇. 西秋良宏(編)ホモ・サピエンスと旧人−旧石器考古学からみた交替劇, pp, 3-17, 六一書房.
  • 海部陽介 2012. 進化学辞典, 人類学関連項目の一部. 共立出版.
  • 海部陽介 2012. アジアへの人類移動. 印東道子(編)人類大移動:アフリカからイースター島へ, pp, 33-54, 朝日新聞出版社.
  • 海部陽介 2011. 岩波生物学辞典, 人類学関連項目の一部. 岩波書店.
  • 海部陽介 2010. 歯の咬耗を考える:人類学からみた“正常な“歯列. 金澤英作・葛西一貴(編)歯科に役立つ人類学, pp. 92-108, わかば出版.
  • 海部陽介 2009. 絵でわかる人類の進化. pp. 98-168. 講談社.
  • 海部陽介 2002-2009. エンカルタ大百科事典(生物人類学関連項目). マイクロソフト.
  • 海部陽介 2006. 現代人とは歯並びが異なっていた縄文人. 国立科学博物館(編)日本列島の自然史, pp.284-285. 東海大学出版.
  • 海部陽介 2005. 人類がたどってきた道. 日本放送出版協会.
  • 海部陽介 2004. 古人骨. 国立科学博物館(編)標本学, pp.221-228. 東海大学出版.
  • 海部陽介 1999. 骨からわかる縄文人のくらし. 泉拓良・西田泰民(編)縄文世界の1万年, pp. 54-56. 集英社.