藤田 敏彦 Toshihiko Fujita

出版物(著書・訳書)

  • 石川統・黒岩常祥・塩見正衞・松本忠夫・守隆夫・八杉貞雄・山本正幸(編集)2010.生物学辞典,東京化学同人,1634 pp.(分担執筆)
  • 藤田敏彦,2010.動物の系統分類と進化.193 pp. 裳華房,東京
  • 本川達雄・前田龍一郎・岩本浩之・山田章・藤田敏彦・最上善弘(訳),2009.図説,無脊椎動物学.575 pp.朝倉書店,東京.
  • 藤田敏彦,2009.海藻をかじる・ウニの仲間,泥をなめる・クモヒトデの仲間,泥をなめる・ナマコの仲間,岩をもかじる・ウニの仲間,胃袋攻撃・ヒトデの仲間.窪寺恒己編著,海に生きるものたちの掟,pp. 30-31,68-69,70-71,76-77,108-109 (206 pp.),ソフトバンク・クリエイティブ,東京.
  • 藤田敏彦・小郷一三・大路樹生・佐波征機,2008.12章棘皮動物門.藤倉克則・奥谷喬司・丸山 正(編著)潜水調査船が観た深海生物,pp. 201-202.東海大学出版会,秦野.
  • 藤田敏彦・小郷一三・大路樹生・佐波征機・奥谷喬司,2008.22章棘皮動物門.藤倉克則・奥谷喬司・丸山 正(編著)潜水調査船が観た深海生物,pp. 266-290.東海大学出版会,秦野.
  • 齋藤寛・西川輝昭・今島 実・倉持利明・馬渡峻輔・藤田敏彦(訳), 2007. 海の動物百科5・無脊椎動物II.朝倉書店
  • 藤田敏彦,2007.相模湾の棘皮動物.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 138-143.
  • 藤田敏彦・今原幸光・馬渡峻輔,2007.研究が待たれるドフライン・コレクション.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 77-84.
  • 藤田敏彦,2007.ドフラインの相模湾深海調査.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 68-76.
  • 藤田敏彦・赤坂甲治,2007.三崎臨海実験所の自然史研究における足跡.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 57-67.
  • 尼岡邦夫・藤田敏彦・駒井智幸・今原幸光・渡辺洋子,2007.欧州に渡ったデーデルライン・コレクション.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 28-56.
  • 藤田敏彦・西川輝昭,2007.ホッスガイを求めて―デーデルラインの相模湾調査―.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 16-21.
  • 藤田敏彦・並河 洋,2007.豊かな動物相を支える相模湾ー生物海洋学的な特性ー.国立科学博物館編,相模湾動物誌,国立科学博物館叢書6.東海大学出版会,pp. 3-6.
  • 藤田敏彦 2006.「海底はクモヒトデのベッド」国立科学博物館(編) 日本列島の自然史,国立科学博物館叢書3,pp.239-242.東海大学出版会
  • 藤田敏彦.2005.「棘皮動物」小学館の図鑑NEO水の生物,pp.146-157.小学館
  • 藤田敏彦, 2003. 「棘皮動物」国立科学博物館(編) 標本学.自然史標本の収集と管理,pp.32-38.東海大学出版会
  • 藤田敏彦, 2003. 「ウニ,ナマコ,クラゲ」芦沢正和・飯塚宗夫・武田正倫・成瀬宇平(監修) 食材図典,pp. 116-117.小学館
  • 藤田敏彦, 2001. 「深海−棘皮動物のパラダイス2」「分身の術」本川達雄(編著) ヒトデ学,pp. 107-123,149-158.東海大学出版会
  • 藤田敏彦, 2000. 「棘皮動物門 Echinodermata」白山義久(編) 無脊椎動物の多様性と系統,pp.231-251.裳華房
  • 藤田敏彦, 1997. 「クモヒトデ類」,日本動物大百科.7.無脊椎動物,奥谷喬司・武田正倫・今福道夫(編),平凡社
  • 藤田敏彦, 1992. 「深海底の優占種.クモヒトデ」,週間朝日百科・動物たちの地球,(66),朝日新聞社,p.184.