企画展 「日本の博物図譜 十九世紀から現代まで」



 国立科学博物館では平成十三年十月六日から十一月十一日まで企画展「日本の博物図譜―十九世紀から現代まで」 を開催しました。
 日本には花鳥画、本草の図など動植物を美しく精緻に描く伝統があり、分類学的にみても優れた植物図譜がたくさん 残されています。この展覧会では、日本の野生動物を題材にした博物図譜を展示しました。国立科学博物館や東京国立 博物館などが所蔵する江戸末期から現代までの日本の代表的な博物図譜を網羅しました。

 企画展で展示された多くの博物図譜を紹介し、日本の博物図譜の系譜について解説した書籍 が刊行されました。

日本の博物図譜〜十九世紀から現代まで(国立科学博物館編集) 国立科学博物館叢書第一巻
「日本の博物図譜―十九世紀から現代まで」
 国立科学博物館編集
 東海大学出版会発行
 本体価格2,600円

また、企画展で紹介された博物図譜の一覧リストを下記に示します。
このリストはPDF文書(39KB)になっておりますので、閲覧ならびにダウンロードできます。

閲覧・ダウンロードする (右ボタンで選択してください)