ライン

灯台

 台座の上に一本の竿を立て、その上に受けを置きここに油皿を載せ火を灯します。油は古くは荏胡麻等を用いましたが、江戸時代には菜種が普及しました。漁村や地方によっては魚油や草木の実から搾った油が使用されていました。やがて灯芯が使われるようにり、江戸時代にはいぐさの栽培が灯芯用に奨励されました。
 灯台の中でも特に台座が菊花形のものを菊灯台と呼びます。灯台は裸火のため光が広がり弱いので、油皿の背後に反射板を付けたものも現れました。反射板の絵柄に眠る人物が描かれたものもあり、この形の物は一般に眠り灯台とも呼ばれています。


菊灯台

反射板付灯台1

反射板付灯台2

メール アイコン
トップ

ライン